2016.10.28

10年間メロンを盗まれ続けた農家を描く「メロン農家の罠」/演劇団体 桃尻犬が2017年1月に上演


 ≫広告掲載のご案内


桃尻犬「メロン農家の罠」
桃尻犬「メロン農家の罠」チラシ
 

野田慈伸が主宰する演劇団体「桃尻犬」の2年ぶり新作本公演「メロン農家の罠」が2017年1月12日から下北沢OFF・OFFシアターで上演される。

 
桃尻犬は役者としても活躍する野田慈伸が2009年に立ち上げた演劇団体。2014年に王子小劇場で開催された佐藤佐吉祭2014+ではENBUゼミナール賞を受賞。また同作品に出演した劇団アマヤドリ所属の糸山和則が同作品で衝撃俳優賞を受賞した。

約2年ぶりの本公演となる本作では村上誠基、澤田慎司(FUKAIPRODUCE羽衣)、徳橋みのり(ろりえ)など小劇場界から人気実力共に名実高い若手実力者のキャスト人を集め、10年間、メロンを盗まれ続けた農家を中心に土着感あふれる群像劇を展開する。

 
メロン農家の罠
『メロン農家の罠』ビジュアルイメージ(モデル:森崎健吾)

STORY

「なぜ、メロンを盗むのか?」
10年間、メロンを盗まれ続けた農家が、従業員、近所の農家さん、農協などの協力を得てメロン泥棒を罠にかける。人の憎悪の尺度を図る、土着群像劇。

 
農家の方がメロンに化けて、メロン泥棒に挑むのだろうか?
そのシチュエーションだけでも、並々ならぬ怒りを感じられる。

 
詳細は公式サイトで。

(文:エントレ編集部)

公演情報

桃尻犬「メロン農家の罠」

桃尻犬冬の公演「メロン農家の罠」
【作・演出】 野田慈伸
【出演】村上誠基、澤田慎司(FUKAIPRODUCE羽衣)、森崎健吾、徳橋みのり(ろりえ)、成瀬正太郎、堂本佳世、嶋谷佳恵(劇団ORIGINAL COLOR)、櫻井みず穂(劇団あばば)、野田慈伸

2017年1月12日(木)~18日(水)/下北沢OFF・OFFシアター 

桃尻犬「メロン農家の罠」 公式サイト

この記事はお役に立てましたか?
以下の「フォローする」を押してください! あなたのフェイスブックに演劇情報(ときどき舞台動画)をお届けします! よろしくお願いします!!(エントレ編集部)


 ≫広告掲載のご案内

Tag (キーワード)

この記事を書いたのは


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事と次の記事

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



ココチモ まんが日本昔ばなしDVD
ZUTTO
Copyright 2017 Village Inc.