2016.9.26

劇団☆新感線「乱鶯」 10月に東京国際映画祭にて特別上映が決定


劇団☆新感線「乱鶯」舞台写真
劇団☆新感線「乱鶯」舞台写真 (c)ゲキ×シネ『乱鶯』/松竹・ヴィレッヂ・劇団☆新感線
 

劇団☆新感線の舞台「乱鶯(みだれうぐいす)」が東京国際映画祭の特別上映枠で10月に上演されることが発表された。

 
東京国際映画祭は1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生。現在はアジア最大級の国際映画祭へと成長し、世界中から優れた映画が集結する映画祭だ。

今回は2016年10月25日(火)~11月3日(木・祝)までの10日間、六本木ヒルズ、EXシアター六本木ほかで多くの作品が上映される。

 

劇団☆新感線「乱鶯」が特別上映プログラムに選出!

東京国際映画祭はコンペティション部門、アジアの未来部門など9つの部門に分かれているが、特別招待作品部門の中の一つとして劇団☆新感線「乱鶯」が選出され、上映されることが発表された。

 
東京国際映画祭
記者会見場で「乱鶯」特別上映が発表された時のモニター

「乱鶯」は古田新太を初め、稲森いずみ、大東駿介などが出演した作品。演出はいのうえひでのり、脚本を倉持裕が手掛け「大人のためのビターなテイスト」ということで東京・大阪で好評を博した作品だ。

こちらは舞台上演時のゲネプロを取材した映像。


Youtubeで観る

 
上映は10月30日(日)18:00~ EXシアター六本木で。この映画祭の中では1回きりの上映だ。

チケットは10月15日(土)昼12:00から東京国際映画祭のオンラインチケットサイトで販売。

詳細は公式サイトで。

 

(文:森脇孝/エントレ)

公演情報

劇団☆新感線「乱鶯」特別上映

【作】倉持 裕
【演出】いのうえひでのり

【出演】
古田新太
稲森いずみ 大東駿介 清水くるみ
橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと
山本 亨 大谷亮介

2016年10月/東京国際映画祭の上映館(日時未定)

東京国際映画祭 公式サイト
東京・劇場マップ/仕事帰りの趣味⇒舞台・演劇を観よう!


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.