2016.8.25

宮沢りえ×妻夫木聡×古田新太 NODA・MAP新作「足跡姫」が2017年1月から上演


足跡姫 キャストビジュアル
「足跡姫」に出演する宮沢りえ、妻夫木聡、古田新太
 

NODA・MAPの新作舞台「足跡姫」が2017年1月18日(水)から東京芸術劇場プレイハウスで上演される。出演は宮沢りえ、妻夫木聡、古田新太など。

 
松たか子、瑛太らが出演した舞台「逆鱗」からおよそ1年。NODA・MAPの新作が2017年1月から上演される。

正式なタイトルは「足跡姫」~時代錯誤冬幽霊~。「ときあやまってふゆのゆうれい」というのがサブタイトルだ。
今回エントレに送られてきたプレスリリースの2枚目に野田秀樹の直筆のコメントがあったので、まずはこちらをお読みいただきたい。

野田秀樹 コメント
野田秀樹からのコメント

舞台は、江戸時代です。
作品は、中村勘三郎へのオマージュです。彼から、最後の病床で「俺が治ったら、この姿(医療器具でがんじがらめの彼の姿)を舞台にしてよ」と言われた。それを、彼の遺言とも思ってないし、彼は冗談半分のつもりだったように思うのだけれども、ずっと気になっていた。今年の十二月五日で、彼が逝ってから、四年になります。「あの姿」を書こうとは思わないけれども、彼の葬式の時に、坂東三津五郎が弔辞で語ったコトバ、「肉体の芸術ってつらいね、死んだら何にも残らないんだものな」が、私の脳裏に残り続けています。その三津五郎も、後を追うように他界してしまいました。あれから「肉体を使う芸術、残ることのない形態の芸術」について、いつか書いてみたいと思い続けていました。
もちろん作品の中に、勘三郎や三津五郎が出てくるわけではありませんが、「肉体の芸術にささげた彼ら」のそばに、わずかな間ですが、いることができた人間として、その「思い」を作品にしてみようと思っています。
本来はオマージュなんていうのは、「しゃらくせえや」と思う方なんですが、こうして臆面もなく「勘三郎へのオマージュ」と書くことで、自分へのプレッシャーにもなるし、勘三郎の名前と「思い」が、少しでも長く人の心に残っていくための、私の本など微力だとは思いながらも、書かないよりはいいな・・・と、そんなわけで『足跡姫』です。

野田秀樹

足跡姫 フライヤー
野田地図「足跡姫」フライヤービジュアル
 

 

【舞台は江戸】、そして【勘三郎へのオマージュ】という言葉。そして足跡姫というタイトル。どんな話になるのかはまだまだ分からないが、我々観客は偉大な足跡を残した中村勘三郎さんのことを思い出すことになるのかもしれない。今思えば2人がコラボした「表に出ろいっ!」や「野田版 鼠小僧」が懐かしい。キャストは宮沢りえ、妻夫木聡、古田新太、佐藤隆太、鈴木杏、池谷のぶえ、中村扇雀。もちろん野田秀樹も出演する。

意外な気がするが鈴木杏は今回がNODA・MAP初参加とのこと。初めての野田演出の中でどのような芝居を見せてくれるのか期待したい。

チケット一般発売は12月10日(土)とのこと。続報を待とう!

 

(文:エントレ編集部)

公演情報

NODA・MAP

【作・演出】野田秀樹

【出演】
宮沢りえ 妻夫木聡 古田新太 佐藤隆太 鈴木杏 池谷のぶえ 中村扇雀 野田秀樹

秋草瑠衣子 秋山遊楽 石川朝日 石川詩織 大石貴也 上村聡 川原田樹 末冨真由
鷹野梨恵子 手代木花野 土肥麻衣子 西田夏奈子 野口卓磨 野村麻衣 花島令 福島梓
本間健太 前原雅樹 松崎浩太郎 的場祐太 モーガン茉愛羅 吉田知生 吉田朋弘

2017年1月18日(水)~3月12日(日)/東京・東京芸術劇場プレイハウス

NODA・MAP 公式サイト
ぴあでチケットを購入icon
ローチケでチケットを購入icon

東京・劇場マップ/仕事帰りの趣味⇒舞台・演劇を観よう!


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.