2016.8.26

SPAC – 静岡県舞台芸術センターに行ってきました!


SPAC 静岡芸術劇場
SPAC – 静岡県舞台芸術センター

 
QSCスタッフの森脇です!

クォータースターコンテストではここ3回、演劇業界人レビューという企画を実施しています。
大阪・インディペンデントシアターの相内さん、北海道シアターZOOの阿部さん、福岡・FPAPの森國さんなどなど、各地で活躍されている演劇業界の方々にノミネート作品を観て頂き、それぞれにちょっとずつコメント(レビュー)を頂くという企画です。

そして、今回新たにSPAC – 静岡県舞台芸術センターの成島さんに、このレビュー企画にご協力頂けることになったので、改めてSPACさんにご挨拶に行ってきました!

東静岡駅を降りたところ

劇場の最寄り駅の「東静岡駅」に到着!
駅を出たらすぐに大きな建物を発見、そして、とてもわかりやすい看板が!

静岡芸術劇場 看板

了解です、こっちですね。

ミニ茶畑

そして、駅前の道にミニ茶畑が!
さすが静岡。お茶の国です。

静岡芸術劇場までの道

看板に従って、キレイな通路を通っていくと・・・、

SPAC 静岡芸術劇場

ありました!
SPAC – 静岡県舞台芸術センターに到着しました!

すぱっくん

SPACのキャラクター、「すぱっくん」が窓越しに出迎えてくれました!
窓越しにスマホで撮ったので、なんだかぼやけています・・・。

すぱっくんの後ろ姿

こちらは、すぱっくんの後ろ姿。
大きな目で静岡の街を眺めているんだなあ。

静岡芸術劇場のロビー

残念ながらこの日は成島さんは不在だったので、連絡を取っていた尾形さんに劇場を案内してもらいました。
ロビーが広くて気持ちが良かったです。

また、僕は全然知らなかったのですが、SPACでは「中高生鑑賞事業」ということで、平日に、静岡県内の中高生を対象にした招待公演を行っているんですって!
うらやましい。それ、いいなあ。

おはなし劇場

また、アウトリーチ活動のひとつ「おはなし劇場」という企画では俳優さんが楽器や手遊び歌と共に絵本などを読んでくれるようなものもあって、小さい頃から上質な舞台芸術に触れられるように工夫されているんだそうです。俳優が手がける「おだんごぱん」とか、娘と一緒に観てみたいです。いいなあ。

ラックにQSCチラシを!

最後にラックにQSCチラシを置かせて頂きました!

静岡は第2回大会の時に「超歌劇団」が優勝しているわけですが、また新たな面白い人たちが参加してくれることを願っています!

 
舞台芸術公園

続いて、SPACさんのご好意で、車で10分ほど走ったところにある「舞台芸術公園」に連れて行って頂きました!

こちらは野外劇場「有度」の様子。

以前、僕は利賀村ク・ナウカの舞台を観たことがあって、その時も野外劇場でした。この劇場では背景はセットではなく、自然の森林。贅沢です。これもかっこいいなあ。

舞台芸術公園

ここには作り手用の宿泊施設もあって、ある一定の期間滞在しながらお芝居を作れるんだそうです。純粋に芝居作りに集中するっていうのも素敵ですね。東京に暮らしている身としては憧れが多い静岡訪問でした。

SPAC – 静岡県舞台芸術センター 公式サイト

演劇業界人レビューの詳細は「審査員と賞」ページをご覧ください!

 
静岡からもたくさんの応募がありますように!

(文:森脇孝/エントレ)

イベント情報

第5回クォータースターコンテスト

【審査員】鴻上尚史 鄭義信 別所哲也 行定勲(50音順 敬称略)
【募集期間】2016年8月1日(月)~10月31日(月)
【場所】WEB上
【主なルール】12分0秒以上、15分0秒以下の演劇動画を作ること。1台のカメラで撮影し、編集はNG。
【賞について・詳しいルール・投稿方法・過去の受賞作品】以下の公式サイトをご覧ください。

クォータースターコンテスト 公式サイト

東京・劇場マップ/仕事帰りの趣味⇒舞台・演劇を観よう!


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近投稿されたQSC作品

 ≫QSCトップへ

今週 人気のQSC作品

 ≫QSCトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台

Copyright 2017 Village Inc.