2016.8.15

ムームー企画『花が舞う』/QSC5エントリー動画


ムームー企画『花が舞う』
ムームー企画『花が舞う』

投稿者からの見どころ、コメント

この作品は、誰にでもある「後悔」をテーマにしています。

死んでしまった者に対して、私達は毎日のように思いを馳せるわけではありません。
しかし、ふとした瞬間に記憶を呼び起こされた時、どうしようもない悲しみに包まれることもあります。

この物語は、ある青年の心の迷いを浄化する過程が描かれています。
後悔は、誰だってある。それでも、前を向かなくちゃいけない。心の葛藤を描きました。
ジャンルとしては「泣き」に入るのかもしれませんが、少しだけ勇気を持って前向きに明日を生きる様相を描いたつもりです。

見所は、特に俳優でしょうか。主演である山元の芝居は、特に階段を上がるシーンがとても演劇的です。他の出演者も、役のイメージの年齢と近い方にお願いして説得力のある映像になりました。様々な劇団が、神奈川にはあります。結果的に、地域性のある映像になりました。

また、必死で考えた場転も、お話には直接関係ありませんが是非ご覧になっていただきたいです。はじめて、映像を撮ったということもあり粗削りですが情熱を込めました。よろしくお願い致します。

エントリーNo. 002

ムームー企画
花が舞う

活動拠点:神奈川県
テイスト:泣ける
撮影カメラ:sony FS5


Youtubeで観る


動画作品情報

脚本・演出 岡村俊輔

出演

海汐浩二(ムームー企画)
田中勝彦(プロジェクト夢樹)
山元駿
恩田千鶴(G/9プロジェクト事務所)
木村衣織(チリアクターズ)
不破励子(声のみの出演)

スタッフ
カメラマン 久保充弘
楽曲・音響オペ 八藤後俊亮(ムームー企画)
制作 浦部紗加(ムームー企画) 菰田孟治

協力 

G/9-Project
nonji(ザ・プレスターズ)
藤井海太(枯山水サラウンディング)
有限会社オーエーエスアイエス
Youtubeで観る

 

劇団のリンク情報

ムームー企画 公式サイト
ムームー企画 twitter
ムームー企画 Facebook


次回公演の告知

2017年冬に公演予定。



ライバル検索


お隣のエントリー動画
 « 

 » 

この作品はいかがでしたか?
以下の「フォローする」を押すと、あなたのフェイスブックにQSCの情報と、演劇情報(ときどき舞台動画)をお届けします! よろしくお願いします!!(エントレ編集部)

こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事

 ≫エントレトップへ

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.