2016.8.8  18

Dステ19th「お気に召すまま」が10月に上演/柳下大「最も幸福なシェイクスピア喜劇を多くの人に」


「お気に召すまま」に出演する柳下大
舞台「お気に召すまま」に出演する柳下大
 

俳優集団D-BOYSの演劇公演 Dステ19th「お気に召すまま」が10月14日(金)から下北沢 本多劇場で上演される。本作のメインキャスト・柳下大からのコメントが到着した。

 
青木豪がシェイクスピア作品の演出を務めるDステ コメディシリーズ第三作「お気に召すまま」が10月に本多劇場で上演される。過去には2004年に成宮寛貴、小栗旬というキャストで蜷川幸雄演出版が上演された作品で、年明け1月には柚希礼音主演で東宝版が上演されるほど、シェイクスピア作品の中でも再演が繰り返される人気のコメディだ。

Dステによる本作はオールメイルシリーズということで出演者は男性キャストのみ。出演は柳下大、松尾貴史などの実力派俳優がそろい、しかも多くのキャストが二役を演じるということなので、各キャストの魅力を2倍味わう事ができそうだ。※以下のチラシをよく観てみると、多くのキャストが二役に扮しているのがわかる。

舞台「お気に召すまま」フライヤー
舞台「お気に召すまま」フライヤービジュアル

 

STORY

フレデリック(松尾貴史)は兄である前公爵(松尾貴史/二役)を追放してその地位や財産を奪ったが、姪のロザリンド(前山剛久)は自分の実娘シーリア(西井幸人)と共に宮廷に置き、いとこ同士の二人は仲睦まじく暮らしていた。

今は亡き栄光の騎士サー・ローランド・ド・ボイスの末弟オーランドー(柳下大)は、家督を継いだ長兄オリヴァー(三上真史)からの不遇な扱いに不満を抱えていた。

ある日オーランドーは公爵主催のレスリング大会で宮廷お抱えのレスラーであるチャールズ(加治将樹)に勝利し優勝する。そこで、宮臣のル・ボー(遠藤雄弥)とともに試合見物をしていたロザリンドに出会い、2人は一瞬にして恋に落ちる。

その後、公爵から突然の追放を言い渡されたロザリンドは、男装して身分を隠し、シーリアと道化のタッチストーン(牧田哲也)を連れ、追放された父・前公爵が暮らしているというアーデンの森へ向かう。一方、オーランドーもまた、弟の活躍に対するオリヴァーの嫉妬を危惧する召使いのアダム(石田圭祐)とともに邸を離れ行き着いたアーデンの森で、旅人のジェイクイズ(加治将樹/二役)や貴族のアミアンズ(鈴木壮麻)を従え悠々自適に暮らす前公爵に助けられる。

森で暮らし始めたオーランドーは、ロザリンドへの恋心を詩にして森の木々に吊るし歩き、これを見つけたロザリンドもまた、一層想いを募らせていた。

男装したロザリンドは羊飼いのシルヴィアス(大久保祥太郎)やコリン(三上真史/二役)、高慢ちきな女羊飼いフィービー(山田悠介)、田舎娘のオードリー(遠藤雄弥/二役)や彼女に片思いをするウィリアム(石田圭祐/二役)たちの恋愛騒動に巻き込まれるが、そんな最中愛しのオーランドーと再会。自分がロザリンドであることを隠したまま彼の愛の告白の練習相手になることを自ら提案し、恋愛ゲームを楽しむことに…。

数々の恋愛模様の中で牧師のサー・オリヴァー・マーテクスト(山田悠介/二役)や結婚の神ハイメン(鈴木壮麻/二役)なども登場し、一筋縄ではいかない人たちのちょっとおかしな恋物語は世界一ハッピーなエンディングをむかえるのだった。

 
『オーファンズ』(演出・宮田慶子)、『御宿かわせみ』(演出・G2)『浮標』(演出・長塚圭史)など、話題の舞台に出演を続けて、本作でもメインキャストとして名を連ねている柳下大から本作へのコメントが到着した。

 

柳下大(俳優集団D-BOYS)

「青木豪さん×シェイクスピア作品として『ヴェニスの商人』『十二夜』とDステ二作を演出していただいていますが、その集大成となる第三作目『お気に召すまま』は19作目のDステ作品となります。
僕にとって初めてのシェイクスピア作品です。

シリーズ二作(『ヴェニスの商人』『十二夜』)を観させていただき、シェイクスピア作品に出演する時は青木さんに演出していただきたいと思っていましたので、とても楽しみです。
シェイクスピア喜劇の中で、一番幸福な物語といわれているこの作品をぜひ一人でも多くの方に観ていただきたいです。
とてもハッピーな気持ちで楽しめる作品になっております。
まずは僕たちの作品を知っていただきたいと、街中や劇場でのビラ配りなどのPRもキャスト・スタッフ一丸となって頑張っています!
ぜひ本多劇場までお越しください」

 
コメントにもあるように、実際にキャストが街に行き、チラシを配っているとのこと。その様子はワタナベエンターテインメント演劇ブログに紹介されている。

ワタナベエンターテインメント 演劇オフィシャルブログ

チケットは一般発売中。
舞台の詳細は公式サイトで。

 
(文:エントレ編集部)

公演情報

Dステ19th「お気に召すまま」

2016年10月14日(金)~30日(日) 本多劇場
【作】W・シェイクスピア
【翻訳】松岡和子
【演出・上演台本】青木豪
【出演】柳下大、石田圭祐、三上真史、加治将樹、西井幸人、前山剛久、牧田哲也、遠藤雄弥、松尾貴史、鈴木壮麻、大久保祥太郎、山田悠介 
※台本の登場順

2016年10月14日(金)~30日(日) /東京・本多劇場
2016年11月12日(土)~13日(日)/ 山形・シベールアリーナ
2016年11月19日(土)~20日(日) /兵庫・兵庫県立芸術文化センター阪急 中ホール

Dステ19th「お気に召すまま」 公式サイト
ぴあでチケットを購入
icon

東京・劇場マップ/仕事帰りの趣味⇒舞台・演劇を観よう!


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.