2016.6.23  2

【動画1分】ロベール・ルパージュの自叙伝的一人芝居「887」がいよいよ芸劇で開幕!


ロベール・ルパージュ「887」
ロベール・ルパージュ「887」
 

「映像の魔術師」と呼ばれる演出家 ロベール・ルパージュの自叙伝的一人芝居「887」が6月23日(木)から東京芸術劇場プレイハウスで上演される。

 
「needles and opinum 針とアヘン」やシルク・ドゥ・ソレイユ「トーテム」などの演出で知られるロベール・ルパージュ。彼の自叙伝的一人芝居「887」が東京芸術劇場で上演される。

ロベール・ルパージュ「887」
「887」で一人芝居を演じるロベール・ルパージュ

「887」というのはルパージュが子供の時に家族と住んでいたケベック・シティの番地のこと。このアパートの番地から記憶をめぐらせ幼少期を振り返り、ルパージュ自身のプライベートな部分と、彼の過ごした1960年代のケベックの複雑な社会問題を描き出す。

この作品でルパージュは演出のみならず、脚本、美術デザインを手掛け、さらに自ら俳優として出演する。

以下は、フォトコールを収録したもの。美術の中にたたずむルパージュの後ろで静かに映像が動き出す。早く続きが観たくなる仕掛けだった。【動画1分】


【動画1分】ロベール・ルパージュの自叙伝的一人芝居「887」がいよいよ芸劇で開幕!

 
 
本作は東京芸術劇場で上演後、新潟のりゅーとぴあでも上演される。
詳細は公式サイトで。
 

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ)

公演情報

ロベール・ルパージュ 舞台「887」

【作・演出・美術・出演】ロベール・ルパージュ

2016年6月23日 (木) ~6月26日 (日)/東京・東京芸術劇場プレイハウス
2016年7月2日 (土) ~7月3日 (日)/新潟・りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館

ロベール・ルパージュ 舞台「887」 公式サイト
ぴあでチケットを購入
icon
東京・劇場マップ/仕事帰りの趣味⇒舞台・演劇を観よう!


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.