2016.6.14

【動画4分】先の見えないアナタのためのお芝居? ラッパ屋「筋書ナシコ」稽古場取材


ラッパ屋「筋書ナシコ」
【動画4分】先の見えないアナタのためのお芝居? ラッパ屋「筋書ナシコ」稽古場取材

ラッパ屋の公演「筋書ナシコ」の稽古場で、作・演出の鈴木聡、出演の岩橋道子、松村武(カムカムミニキーナ)にインタビュー取材した。

 
ラッパ屋は1983年、博報堂のコピーライターだった鈴木聡を中心に早稲田大学の「演劇集団てあとろ50’」出身のメンバーが集まり「サラリーマン新劇喇叭屋」を結成。翌年の旗揚げ公演『ジャズと拳銃』以来30年間で40本、鈴木聡による作・演出のオリジナル作品を上演している。

今回上演される舞台のタイトルは「筋書ナシコ」。先の見えにくい現代社会の中でもがく「ナシコ」さんのある一夜を描いたコメディだ。
今回エントレでは、作・演出の鈴木聡、出演の岩橋道子、前回に引き続きラッパ屋に客演するカムカムミニキーナの松村武にインタビュー取材した。【動画4分】


ラッパ屋「筋書ナシコ」稽古場インタビュー【動画4分】
 

ラッパ屋「筋書ナシコ」
ラッパ屋「筋書ナシコ」 作・演出の鈴木聡

舞台「筋書ナシコ」について

鈴木聡(作・演出)
「ナシコさんというアラフォーの女性、この人は自分の仕事を持っていて、バツイチで今のところ独身、ちょっと若い彼氏がいたりするっていう人なんですが、失恋したり、仕事が煮詰まったりして人生の筋書を見失うんですね。とある一晩でいろんな人に出会って、いろんな出来事があって、ナシコさんは次の筋書を見つけられるのか・・・? そんなお話です。」

岩橋道子(筋書ナシコ役)
「元々、私の人生自体も筋書が無いようなものなので(笑) 職業も違うし、年齢設定も違うし、恋人の事も違うけれども、わりとありのままでやっていけたらいいなと思っています。」

松村武
「僕はナシコさんの周りに現れるいろんな人たちのうちの一人です・・・、どこまで言っていいやらわからないんですけど、俄然年上の役です。僕の実年齢よりも20歳くらい上の役ですね。」

鈴木聡
「松村くんは見た目よりもずいぶん若いんですよね。」

岩橋道子
「私よりも2つ下でしたよね。」

松村武
「言っていいんですか?それは」

岩橋道子
「全然いいですよ。公になっているので。」

松村武
「はい。岩橋さんよりも2つ下です。」

ラッパ屋「筋書ナシコ」
ラッパ屋「筋書ナシコ」 出演の岩橋道子、松村武

岩橋道子
「ラッパ屋もオジサンばっかりなのに、そこに客演している松村さんがものすごい年上の役ですね。」

鈴木聡
「たぶん一番おじいさん。存在感がありますよね。」

松村武
「そうですね。ナシコさんの親世代みたいな感じですね。」

ラッパ屋「筋書ナシコ」
ラッパ屋「筋書ナシコ」稽古場より 左から岩橋道子、松村武

ラッパ屋の魅力は?

松村武
「ラッパ屋は昔からほぼ欠かさず観ています。僕の劇団でやっているのはファンタジーみたいなことなのですが、ラッパ屋は『ワンシチュエーションコメディ』みたいなものをキッチリやってくれる。とても面白いし、みなさん達者なので気持ちよく客演できるんです。」

鈴木聡
「僕はワンナイトコメディみたいなものは基本だなと思っているんです。一場で、ある限定された時間の中でいろんなドラマが入ってきて、それが交差して新しいものが生まれる。ほぼリアルタイムな感覚で、今そこに起こっている出来事としてお客さんに観てもらえる。これがうまく出来た時には一番面白いんだよなって思っているんです。」

岩橋道子
「人生、生きている上では筋書、つまり先のことはわからないですよね。普通の人よりはちょっと大変なナシコの一日を、お客さんには一緒に体験してもらって、ジェットコースターのようにハラハラドキドキしてもらえたらいいなと思っています。
また、ナシコだけじゃなくてナシコの周りの人たちも二転三転していくんです。『自分はあのタイプの人だな』と感情移入もしやすいと思います。」

ラッパ屋「筋書ナシコ」稽古場より
ラッパ屋「筋書ナシコ」稽古場より 左から岩橋道子、谷川清美

松村武
「スピーディーに物語が展開していきますが、やっぱりラッパ屋の芝居なのでコメディとして強力なんです! ずーっと笑える中で、ふと自分の普段の生き方とシンクロしたりする・・・、もう、アナタに打ってつけのお芝居です!」

鈴木聡
「今は若い人たちも『筋書ナシコ』な方が多いと思います。僕らが若い時のように夢とか希望とかが持ちにくい世の中だと思うんでね。だからそういう人たちにも観てもらえたらなと思っています。」


 
前回のラッパ屋公演「ポンコツ大学探険部」にしても、青年座の「フォーカード」にしても、「あー、あるある」と共感できるところが随所に出てくるのが鈴木聡戯曲の面白いところなのではないだろうか。インタビューで話を聴くにつれ、その「あるある感」が「筋書ナシコ」はさらに多いような予感がした。だって私も含めてみんな先の筋書が見えないわけなのだから。仕事終わりに「あるある」とうなずいて、ひと笑いして帰りたいものだ。

 
詳しくは公式サイトで。
ラッパ屋「筋書ナシコ」公式サイト
ぴあでチケットを購入
icon

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ)

公演情報

ラッパ屋第42回公演「筋書ナシコ」
【脚本・演出】鈴木聡
【出演】岩橋道子 ともさと衣 木村靖司 俵木藤汰 / 松村武 谷川清美 / 岩本淳 浦川拓海 青野竜平 林大樹 / 福本伸一 弘中麻紀 / 大草理乙子 宇納佑 熊川隆一 武藤直樹

2016年6月18日(土)~6月26日(日)/東京・紀伊國屋ホール
2016年7月17日(日)/福岡・北九州芸術劇場 中劇場

詳細は公式サイトで。
ラッパ屋第42回公演「筋書ナシコ」 公式サイト
ぴあでチケットを購入
icon

こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事

 ≫エントレトップへ

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.