2016.5.16  43

つかこうへいに師事した3人が、初期の傑作「ストリッパー物語」に挑む!


9project 「ストリッパー物語」
9PROJECT「ストリッパー物語」前回舞台写真 写真/土屋勝義
 

つかこうへいの代表作「ストリッパー物語」が、9月14日から日暮里のd-倉庫にて上演される。

 
9PROJECTは、北区つかこうへい劇団で共につかこうへいに師事した渡辺和徳、高野愛、小川智之による演劇ユニット。70~80年代に発表された、つかこうへい初期の作品に焦点を当てて上演を続けている。

今回上演の「ストリッパー物語」は、2014年の旗揚げ公演でも上演した作品。つかこうへい初期の作品の中でも、再演を重ねるたびに劇的に姿を変え、同時につかこうへいをして「この作品だけは、役者の肉体を通してしか語れない」と言わしめ、戯曲もほとんど残っていない幻の名作である。

9project 「ストリッパー物語」
「ストリッパー物語」メインビジュアル 写真/堀内亮太

 
近年、つか作品の上演に際しては、演出家が戯曲を大きく脚色することも多い。しかし、演出の渡辺は「つかこうへいの言葉は、つかこうへいにしか書けない」と、台本を一切書き換えないことにこだわりを見せる。

今年はつかこうへいの7回忌にあたり、様々な作品が上演されているが、つかこうへい氏自身による上演時と同じ戯曲で、同じ規模の小劇場で上演される本作は、当時の世界観が最も色濃く反映された舞台となるだろう。

 

 

STORY

「…あたし、踊れなくなるのかな」

明美は盛りを過ぎたストリッパー。お腹には醜い手術痕が残り、子供の産めない体になっている。かつてはブロードウェイのステージに憧れ、貨物船で密航しようとしたこともあったが、客を沸かせた踊りも、今は見る影もない。落ち着いた暮らしをしたいと思うこともあるが、腐れ縁のヒモのシゲさんは、のらりくらりとかわしてばかりいる。

その明美の前に、一人の少女が姿を現した。劇場の片隅から、明美の踊りに羨望の眼差しを送るその少女こそ、シゲが家に残してきた、娘の美智子だった。

「私、アメリカに行くんです。踊りの勉強がしたいんです」

キラキラとした瞳で夢を語る美智子の姿に、いつしか明美はかつての自分の姿を重ね合わせていた…。

「そりゃなしだよ。そりゃないよ、明美。長い人生、寄り添い、助け合い、いたわり合って生きていこうなんて、オレ達、ナシだよ。お前ズベ公、俺ろくでなし。これでやってきたんだろうが」

虐げられるが故により深く愛し合う、ヒモとストリッパーの真実の愛の物語。

 

高野愛(9PROJECT主宰、俳優)

つかこうへい初期の作品を脚色なしに上演するのは、私たちにとっても大きな挑戦でした。

当時の役者に合わせて口立てで作られたセリフは、戯曲を読んでも理解ができない。分からない。でも、口に出してみると、つかさんの言葉に引きずり出されるように、激しい想いが溢れてくる。そして、観ている人たちを巻き込んでいく…。時代も、言葉も、価値観も今とはまるで違っているのに、今の私たちにも強く響くのは、その奥につかこうへいにしか描けない愛があるのだと思います。そして昔からつか作品を見てきた人たちに「これこそ、つかこうへいだ」と言ってもらえたのは、何よりもうれしいことでした。

2年ぶりの再演。つかさんの下で芝居を0から始めた私たちだからこそ、つかさんの作品をやる、というよりも純粋に一本の芝居として、この作品とシンプルに向き合い、存分に遊び倒したいと思います。

 
渋谷亜希による推薦コメント(NHK 国際放送「Newsroom Tokyo」キャスター/北区つかこうへい劇団に8期生として在籍)

ストリッパー明美を演じた者ですので、「ストリッパー物語」と聞くと当時の稽古風景や舞台に立った時の感覚、そして台詞として頂いた、つかこうへい先生の言葉が蘇ります。私にとって特別な作品なのです。

前回の「ストリッパー物語」も拝見させて頂きました。つかイズムのエッセンスをしっかり表現した演出になっていて、出演者のみなさんには私の記憶にある当時の熱を感じました。
踊りも見事でした。夢が敗れ、若さを失い、裸になった明美が”絶望と孤独の果て”にみたものとは、、、

とことん「女のロマン」を追求した作品だと思います。今回の再演、楽しみにしています!! 是非みなさん劇場に足を運んでください。

 

詳しくは公式サイトで。
舞台「ストリッパー物語」 公式サイト

(文:エントレ編集部)

 シェアする

 ツイート

 シェアする


公演情報
9PROJECT vol.4 舞台「ストリッパー物語」
【作】つかこうへい
【演出】渡辺和徳
【出演】高野愛・小川智之・岩崎祐也・山本ナオミ・新澤明日・知念佐枝

2016年9月14日(水)~18日(日)/東京・d-倉庫

詳細は公式サイトで。
舞台「ストリッパー物語」 公式サイト

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.