2016.4.26  6

遼河はるひ 6年ぶりのミュージカル出演 「アニー」が今年も開幕


ミュージカル「アニー」舞台写真
ミュージカル「アニー」舞台写真
 

ミュージカル「アニー」が今年も開幕した。ミス・ハニガンを演じる遼河はるひ 6年ぶりのミュージカル出演

 
本作は1986年、日本テレビ主催で初演。今年で31年目になる人気ミュージカルだ。

アニー役は全国オーディションを勝ち抜いた河内(こうち)桃子と池田葵(Wキャスト)。
ミス・ハニガン役は宝塚歌劇団出身でテレビでも躍進を続ける遼河はるひが初出演。2009年の宝塚退団公演以降、6年ぶりのミュージカル出演となる。

ミュージカル「アニー」舞台写真
ミュージカル「アニー」舞台写真

STORY

舞台は1933年のニューヨーク。世界大恐慌直後の街は、仕事も住む家もない人であふれていました。誰もが希望を失っているなか、11歳の女の子アニーだけは元気いっぱい。11年前、孤児院の前に置き去りにされたというのに、いつか両親が迎えに来ると信じて、逆境にひるむことなく前向きに生きています。

そんなある日、大富豪オリバー・ウォーバックスの秘書グレースに気に入られたアニーは、クリスマスの2週間をウォーバックスのもとで過ごすことに。明るいアニーに孤独な心をなぐさめられたウォーバックスは、アニーを養女にしたいと思うようになります。しかしアニーは、本当の両親と暮らすという夢をあきらめきれません。その強い気持ちに打たれたウォーバックスは、懸賞金をかけて彼女の両親を捜すことにします。

ところが、それを知った孤児院の院長ミス・ハニガンと弟ルースター、その恋人のリリーは、懸賞金目当てに悪だくみを始めて……。アニーの夢はかなうのでしょうか?

 
以下は初日に先立って行われた囲み取材時のコメント。

 
ミュージカル「アニー」が開幕
ミュージカル「アニー」が今年も開幕

河内桃子(アニー役)
稽古でやったことを100パーセント、いえ120パーセント出し切りたいと思います。みんなが笑顔になってくれるアニーを演じたいと思います。

池田葵(アニー役)
稽古でやったことをそのまま出して、思い切り頑張りたいです。

三田村邦彦(ウォーバックス役)
長年「アニー」の演出を務めてきた、演出のジョエル(・ビショッフ)が今年で最後の公演なんです。
ジョエルの演出は、暗転がほぼなく、次々に見せ場が続くんです。ぜひジョエルが演出のアニーを観に来てほしいです。
僕が大きな地震を経験したのは、昭和39年の新潟での地震でした。今回の熊本の地震は、震度7が2回も起きるというありえないことが起きていますが、なんとか熊本の人たちには踏ん張っていただきたい。日本の皆さんは団結力もあると思います。負けずに頑張ってもらいたいです。
現在は、舞台を観に来るというは状況ではないと思いますが、この作品は多くの方を勇気づけられるのではと思います。

遼河はるひ(ミス・ハニガン役)
6年ぶりのミュージカルですが、先ほどゲネプロで舞台に立って、「この感覚、久しぶりだなぁ~」と。緊張半分、気持ち良さ半分という感じです。
やはり一番よかったと思うのは、舞台が終わって、お客様から拍手をいただけた時は、気持ちよいですよね。
アニーの二人の凄さは、動じない芯の強さ。普段は、天然っぽいんですけど(笑)、目の奥に強さを持っています。

野呂佳代(リリー役)
昨日初めて、この衣装を全て身につけて、だんだん気持ちがついてきました。アニーの二人は、演技と歌声がすごいです。声がすみやかで、二人の演技を観ていると、泣きそうになります。

 

詳しくは公式サイトで。
ミュージカル「アニー」公式サイト

(文:エントレ編集部)

 シェアする

 ツイート

 シェアする


公演情報
河内 桃子 池田 葵
三田村 邦彦 遼河 はるひ 木村 花代 大口 兼悟 野呂 佳代 園岡 新太郎
泉 拓真 鹿志村 篤臣 矢部 貴将 丸山 田加賜 谷本 充弘 山本 真広 相川 忍 北川 理恵 松本 なお 長江 愛実 岩瀬 光世

2016年4月23日(土)~5月9日(月)/東京・新国立劇場 中劇場

詳細は公式サイトで。
ミュージカル「アニー」 公式サイト

関連記事

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2020 Village Inc.