2016.4.11  22

押見修造原作の『惡の華』が7月末に舞台化 キービジュアルが公開


舞台「悪の華」
舞台版『惡の華』キービジュアル
 

押見修造原作の漫画作品『惡の華』が劇団た組。によって舞台化。7月27日~31日まで浅草ゆめまち劇場にて上演される。

 
舞台版『惡の華』(原作:押見修造『惡の華』(別冊少年マガジン))のキービジュアルと全キャストが発表となった。

春日役の清水尚弥(映画『告白』ドラマ『山田太郎物語』等)、仲村役の花奈澪、佐伯役の秋月成美(第7回東宝シンデレラオーディション特別審査員賞)に加え、新たに森岡悠、高木聡一朗、ゆう十、平口みゆきら総勢24名となった。
脚本・演出は舞台『博士の愛した数式』や『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』等を手掛ける加藤拓也が務める。

 

STORY

クラスの美少女・佐伯奈々子に密かに想いを寄せる春日高男。
ある日の放課後、出来心により彼女の体操着を盗んでしまうが、その様子をクラスの女子・仲村佐和に目撃されていた。
これをきっかけに仲村からの「秘密の契約」を迫られる事になった春日。

現実社会の閉塞感に自己認識を見出せず、遣る瀬無い自我を抱える3人の中学生のアイデンティティは互いに交錯し、儚い逸脱へと向かっていく。

 
チケット発売は4月10日AM10:00 より、チケットペイにて発売開始。
https://ticketpay.jp/booking/?event_id=3560

詳しくは公式サイトで。
舞台版『惡の華』 公式サイト

(文:エントレ編集部)

 シェアする

 ツイート

 シェアする


公演情報
劇団た組。第10回公演
舞台版『惡の華』
原作:押見修造『惡の華』(別冊少年マガジン/講談社刊)

脚本・演出:加藤 拓也
出演:清水尚弥 花奈澪 秋月成美 ほか

企画・製作:劇団た組。/わをん企画

2016年7月27日(水)~31日(日)/東京・浅草ゆめまち劇場

舞台版『惡の華』 公式サイト
チケット発売は4月10日AM10:00 より、チケットペイにて発売開始。
https://ticketpay.jp/booking/?event_id=3560

 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.
「髑髏城の七人」Blu-ray BOX