2016.3.31  11

【動画6分】唯一無二の妙ージカルのルーツに迫る! 深井順子&糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣)


FUKAIPRODUCE羽衣「イトイーランド」
深井順子と糸井幸之介(FUKAIPRODUCE羽衣)

エントレのインタビューシリーズ「演劇人に聴いてみる」。今回はFUAKIPRODUCE羽衣の深井順子と糸井幸之介に話を聞いた。

 
エントレのインタビュー企画「演劇人に聴いてみる」。ミュージカルでもない、音楽劇とも違う、唯一無二の「妙ージカル」を武器に活躍を続けるFUKAIPRODUCE羽衣の主宰・深井順子と、作・演出・音楽を手掛ける糸井幸之介にインタビュー取材し、2人の出会いや劇団が誕生するいきさつなども詳しく聞いてみた。【動画6分】


 
―――深井と糸井は高校時代に出会い、同じ演劇部で活動していたが、ある時観たひとつのお芝居が彼らの人生を変えて行く。

主宰・深井順子
FUKAIPRODUCE羽衣 主宰・深井順子

深井順子
「唐組の『裏切りの街』というお芝居を初めて観たときに、唐十郎さんが水槽の中に入って登場してきたんです、BGMが流れながら。な、なんてカッコいい! 私が探してたのはここだ!!と思って、そのお芝居を9回観て、高校卒業と同時に唐組に入りました。合わせて日本大学芸術学部の演劇学科にも入りまして、唐組と大学と同時進行になりました。

また、糸井君も同じ日芸に入ったので、そこで糸井君と劇団劇団という劇団を作りました。」

 

大学時代に立ち上げた 劇団劇団

劇団劇団「投げ喫茶」
劇団劇団「投げ喫茶」

―――当時糸井が立ち上げたのが劇団劇団。しかし、こちらは順風満帆とはいかなかった。

糸井幸之介
「僕が主宰者でやっていたのですが、集客も伸びず、仲間たちはそれぞれの道に旅立ち、借金もかさみ・・・。そもそも主宰業務がとても苦痛だったので、やめてしまいました。」

深井順子
「みんな散り散りになっちゃんったんですけど、糸井君の世界をまた味わいたいと思って、私が主宰になるから、今度は糸井君は自分の立場とか気にしないで好きなものを書いてくださいって言って作ったのが、FUKAIPRODUCE羽衣なんです。」

 
―――羽衣の由来は?

深井順子
「FUKAIPRODUCE羽衣って最初は女性だけでやっていました。それで、羽衣をまとっているような、たおやかな意味で羽衣なんですって最初は言ってたんです。でも、本当は、私が吉本ばななさんが大好きで、ばななさんの作品で羽衣っていう作品があるんです。『いつかばななさんに会いたい』っていう想いを込めて、FUKAIPRODUCE羽衣にしたんです。」

 

「妙ージカル」の誕生

作・演出・音楽の糸井幸之介
作・演出・音楽の糸井幸之介

―――そして、劇団独特のスタイル、妙ージカルが誕生する。

糸井幸之介
「ロックが好きだったので、曲を作って劇中に入れていくというのは元々やっていました。企画書とかを書く時にわかりやすいように名前を付けようと思って、ちょっと妙なミュージカルということで【妙ージカル】と付けたのが最初でした。

最初はお芝居して、ちょっと歌うみたいな感じの素朴なものでしたが、今は混然一体となって音楽とお芝居の分かれ目が無くなってきているという感じです。」

FUKAIPRODUCE羽衣「耳のトンネル」
FUKAIPRODUCE羽衣「耳のトンネル」 舞台写真 撮影:田中流

―――耳なじみが良く覚えやすい音楽、少し妙だけども心地よい歌詞、躍動感あふれる独特のダンス。

妙ージカルは各地で好評を博し、2012年に『耳のトンネル』でCoRich舞台芸術まつり! 2012春のグランプリを獲得。同じ年、『浴槽船』で第一回クォータースターコンテストのグランプリを獲得した。

 

第一回クォータースターコンテストでグランプリを獲得したFUKAIPRODUCE羽衣「浴槽船」

 

7人のお妃がそれぞれに浮気する!?次回公演「イトイーランド」

―――演劇ファンから一目置かれる存在に成長し、ますます期待される彼らの次回公演「イトイーランド」はどんなお芝居になるのだろうか?

イトイーランド フライヤー
FUKAIPRODUCE羽衣「イトイーランド」フライヤー

糸井幸之介
「イトイーっていう国王には7人の奥さんがいて、イトイーは留守にしているんです。その間に7人の夫人がそれぞれに浮気をして、それぞれに恋人がいるんです。」

深井順子
「それが、人間だったり、トカゲとヤモリだったり、クモとカラスだったりするんです。いろんなカップルが登場するので、観ているお客さんは思わぬところに心が寄るんじゃないかなと思っていて、それがすごい楽しみです。」

―――見どころは?

深井順子
「セックススペシャリストっていうシーンがあるんですけど、そこの歌詞が大好きなんですよ。その歌詞だけでも価値のあるお芝居だなと私は思うんです。糸井君とずーっとやってきて良かったなと。この歌詞を書ける人のそばに今もいられるんだなという喜びを感じています。」

糸井幸之介
「きっと楽しむことができるお芝居になっていると思いますので、是非怖がらずに劇場に来て頂ければと思います。」

「イトイーランド」稽古場
FUKAIPRODUCE羽衣「イトイーランド」稽古場
 


妙ージカルのもうひとつの特徴として、「妙に幸福感を味わう」というのを追加しておくべきかもしれない。不思議とほんわか笑顔にさせてくれるのだ。

公式Youtubeにはクォータースターコンテストでグランプリを獲得した『浴槽船』のほか、いくつもの映像が収録されているので、こちらを味わってから劇場に行ってみるとさらに楽しめるかもしれない。

次回作「イトイーランド」は4月14日(木)から吉祥寺シアターで、4月28日(木)からAI・HALLで上演される。

詳しくはFUKAIPRODUCE羽衣の公式サイトで。
FUKAIPRODUCE羽衣 公式サイト
ぴあでチケットを購入
icon

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ)

 シェアする

 ツイート

 シェアする


 


公演情報
FUKAIPRODUCE羽衣「イトイーランド」

【プロデュース】深井順子
【作・演出・音楽・美術】糸井幸之介
【振付】木皮 成(DE PAY’S MAN)
【出演】
深井順子、日髙啓介、鯉和鮎美、高橋義和、澤田慎司、キムユス、新部聖子、岡本陽介、浅川千絵、伊藤昌子、幸田尚子、高山のえみ、大鶴佐助、岡森諦

2016年4月14日(木)~4月24日(日)/東京 吉祥寺シアター
2016年4月28日(木)~4月29日(金・祝)/伊丹 AI・HALL

詳細は公式サイトで。
FUKAIPRODUCE羽衣 公式サイト
ぴあでチケットを購入
icon

 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.