2016.3.28  8

KREVAの音楽劇「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」開幕レポート!


最高はひとつじゃない 2016SAKURA

KREVAの音楽劇「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」が開幕
 

KREVAの音楽劇「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」が3月25日(金)に東京・芸術劇場プレイハウスで開幕した。
 
KREVAの楽曲で全編構成、ライブさながらのエネルギッシュなパフォーマンスが話題となった音楽劇「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」が、いよいよ東京・芸術劇場プレイハウスにて開幕した。

2011年、2014年、多くのKREVAファンと演劇界に衝撃を与え、様々な「最高」を生み出してきた伝説の音楽劇。
2016年、完全新作「最高はひとつじゃない 2016 SAKURA」として、桜を題材にした3つのオムニバスストーリーが織り交ぜられる。

初日挨拶と公開舞台稽古が行われ、KREVA、内博貴、が登壇した。
 

KREVA

「ついに、幕が開くぜ!って感じです。稽古場が本当に楽しかった!直前まで笑い声がずっとなり響いているような現場でした。内君しかできないラップをしっかりと2人で稽古してやってきた。芝居ともラップともその間とも言えないような表現を観てもらえれば!
内君だけじゃなく、みんながラップにチャレンジするのは見どころです。僕の曲を聴いてきてくれた方には、サウンドトラックを聞いているかのようにも楽しめるだろうし、そうではない方々は、すごく新鮮に聞こえるんじゃないかなと思います。トムさんも自由だし、小西さんは少ししゃべっただけでその場の空気を変える力を持っている方です。是非、劇場に観にきてください!」

 
 

内博貴

「KREVAさんが本当に良い方で、人を見て態度を変える方ではなく、普段からイェーイ!って盛り上げてくれる方。雰囲気を作ってくれる人なんだなと、改めて感じました。でも、たまに厳しくいい緊張感もあって、本当に一緒にやらせていただいてよかったと思います。
普通、稽古の終盤は多少ピリピリした雰囲気もでるものだと思うんですけど、今回、本当にずっと笑いが絶えない稽古場で、人間楽しみながらやっていれば覚えられるんだと感じました。
ラップをやってみて、本当に楽しいです。この舞台は日本で初の試みじゃないかなと。ライブとお芝居がフュージョンされたものになっていて、観たことないとものだと思います。新しいことをやっているなと感じておりますので、是非、沢山の方に観ていただきたいなと思います。」
 

  
 
以下は公開ゲネプロの様子。

最高はひとつじゃない 2016SAKURA

最高はひとつじゃない 2016SAKURA

最高はひとつじゃない 2016SAKURA

本作は、3月25日(金)~4月3日(日)まで東京芸術劇場プレイハウス、4月8日(金)~4月10日(日)まで大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。

詳細は公式サイトで。

KREVAの新しい音楽劇「最高はひとつじゃない 2016SAKURA」公式サイト
ぴあでチケットを購入
icon

 

(撮影・文:長谷川美津子/エントレ)

 シェアする

 ツイート

 シェアする


公演情報

KREVAの新しい音楽劇「最高はひとつじゃない 2016SAKURA」

【音楽監督】KREVA
【演出・脚本】野村昌史 町田誠也
【脚本協力】馬場巧
【出演】KREVA 内博貴 増田有華 AKLO / ブラザートム / Mummy-D(ライムスター) / 小西真奈美 他
【日程】
2016/3/25(金)~2016/4/3(日) 東京 東京芸術劇場プレイハウス
2016/4/8(金)~2016/4/10(日) 大阪 森ノ宮ピロティホール

KREVAの新しい音楽劇「最高はひとつじゃない 2016SAKURA」公式サイト

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.