2016.3.14  29

中島歩 単独初主演舞台 安部公房『愛の眼鏡は色ガラス』が2016年4月に上演


舞台「愛の眼鏡は色ガラス」
笛井事務所第6回公演「愛の眼鏡は色ガラス」フライヤー
 

2016年4月13日(水)から、座・高円寺2にて安部公房の名作である『愛の眼鏡は色ガラス』が上演される。主演は『黒蜥蜴』『花子とアン』『グッド・ストライプス』などで活躍する中島歩。今作が舞台単独初主演。

 
『愛の眼鏡は色ガラス』は、1973年6月4日、田中邦衛・仲代達矢・井川比佐志共演により現在の渋谷・パルコ劇場のオープニング公演として、故・安部公房氏自身の演出により、安部公房スタジオの記念すべき第1回公演として上演された。
今回43年の時を経て、安部公房の作品を演出し続けている笛井事務所の企画により劇場に蘇る。

 
 

STORY
正気と狂気が交差する精神病院。患者はそれぞれの問題と、医者は患者と向き合っている。その姿は一見普通の精神病院だが、実は彼らには“あるべき境”がなかった。医者のような患者、患者のような医者、正気を演じる者、狂気を演じる者・・・。まるで社会のブラックホールのような空間へ、突然全共闘の学生が入り込んできたことで彼らの常識は形を変え始める。

 
中島歩 アーティスト写真
(C)笛井事務所/撮影:志田彩香

 
主演を務めるのは『黒蜥蜴』『花子とアン』『グッド・ストライプス』などで活躍する中島歩。深津絵里、中村七之助のダブル主演で話題の舞台『ETERNAL CHIKAMATSU』で物語のキーマン・治兵衛役を演じている注目株だ。舞台単独初主演作品としては、今作が初めてとなる。
また共演は、文学座所属で映画・ドラマでも活動する山森大輔、笠原紳司など実力ある舞台俳優たちとオーディションで選ばれた若手俳優たちが脇を固める。

本作は4月13日(水)から座・高円寺2で上演される。

詳しくは公式サイトで。
愛の眼鏡は色ガラス 公式サイト

(文:エントレ編集部)

 シェアする

 ツイート

 シェアする


公演情報
笛井事務所第6回公演 舞台「愛の眼鏡は色ガラス」
【作】安部公房
【演出】望月純吉
【出演】中島歩 山森大輔 日野加奈愛 奥村飛鳥 笠原紳司 ほか
2016年4月13日(水)~4月15日(金) 東京 座・高円寺2

詳細は公式サイトで。
舞台「愛の眼鏡は色ガラス」公式サイト

こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.