2016.1.25  34

舞台「カグヤ ~新竹取物語~(作:横内謙介)」をクラーク記念国際高校が2月に上演


舞台「カグヤ」
舞台「カグヤ」の稽古場写真
クラーク記念国際高校 パフォーマンスコースの学生によって2月11日(木)から舞台「カグヤ ~新竹取物語~(作:横内謙介)」が六行会ホールで上演される。

 
クラーク記念国際高等学校のパフォーマンスコースは、芝居・ダンス・歌・殺陣・ラップなど、他種類のパフォーマンスを通して、高校教育の中で「表現力」を磨いていくコース。年に2回、プロのスタッフと共に劇場公演を開催しているのが特徴的だ。

舞台「大江戸ロケット」
前回公演 舞台「大江戸ロケット」の舞台写真

 

今回上演される舞台「カグヤ ~新竹取物語~」は扉座の横内謙介が、1996年にスーパー歌舞伎「カグヤ」として初演した作品だ。総勢91名のキャストたちが本作に挑戦する。

舞台「カグヤ」
舞台「カグヤ」の稽古場写真

STORY
千年前の月の世界・・・。
そこは、美しい花が咲き乱れ、月兎たちが平和に暮らす世界だった。
月の姫君「クシナ」はある日、父である「月の帝」の命に背き、その罰として人間界に流されることになる。地球に降り、竹から誕生した「クシナ」を、竹取の翁とおうなは「カグヤ」と名付け育てた。それから数年後、すっかり美しい娘に成長したカグヤは大勢の男たちから結婚の申し込みを受けるようになる。
しかし、人間を信用していないカグヤは無理難題なお願いを迫り、ことごとくその求婚をはねつけ続けた。

その頃、都では毎夜盗賊が暴れまわる不穏な世情であった。都の不安を守るために戦う兵士の先頭には「帝」の姿があった。
彼もまた人間を信用していなく、人と心を通わせたことがなかった。

そして、カグヤと帝はお互いの孤独を知り心を通わせあい、月の光に導かれるように惹かれあっていく・・・。
2人の恋の行方は?! ダンス・歌・殺陣満載でお送りします!!
パフォーマンスコースの魅せる舞台を乞うご期待!

 
チケット申し込み、問い合わせはクラーク記念国際高等学校 東京キャンパスまで。(TEL:03-3203-3600)

(文:エントレ編集部)

 シェアする

 ツイート

 シェアする

 


公演情報
舞台「カグヤ ~新竹取物語~」

【作】横内謙介
【演出】小山智子
【出演】新井凛太、鈴木佑佳 他

2016年2月11日(木)~14日(日) 東京・六行会ホール

チケット申し込み、問い合わせはクラーク記念国際高等学校 東京キャンパスまで。(TEL:03-3203-3600)

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.