2016.1.22  11

【動画6分】出演者0名のダンス公演に挑む長谷川寧にインタビュー/演劇人に聴いてみる vol.001


演劇人に聴いてみる 冨士山アネット 長谷川寧
長谷川 寧(冨士山アネット主宰)

エントレのインタビューシリーズ「演劇人に聴いてみる」の第一回目。2月に行われる観客参加型公演「DANCE HOLE」に挑む長谷川寧(冨士山アネット主宰)に話を聴いてみた。

 
今回から始まったエントレのインタビュー企画「演劇人に聴いてみる」。第一回目の演劇人は冨士山アネットを主宰する長谷川寧に、劇団を立ち上げたときのこと、最近のこと、次回行われる観客参加型公演のことなど、いろいろと聴いてみた。【動画6分】

 
長谷川寧と言えば、2015年11月に森山未來主演の舞台「死刑執行中 脱獄進行中」の企画・構成・演出・振付を手掛け、銀河劇場をはじめとした全国ツアーを成功させて、好評を博したばかり。

死刑執行中脱獄進行中
森山未來主演舞台「死刑執行中脱獄進行中」舞台写真 撮影:生井秀樹

長谷川寧
「企画から公演に至るまでに4、5年くらいかかったんですよ。ようやく去年公演をさせてもらって。自分がまだまだこういうサイズの作品をやるっていうことについて、すごく勉強になりました。みなさんに作ってもらった公演という感じでした。」

 

冨士山アネットについて

―――そんな長谷川が主宰するユニットが「冨士山アネット」だ。冨士山アネットはどのようなキッカケで生まれたのだろうか?

長谷川寧
「学生時代に劇団をやっていたんですが、もうちょっとパフォーマティブなことをしたいと思って冨士山アネットを作ったんです。」

冨士山アネット
冨士山アネット「PiNQ(2005)」

―――当初はせりふを使ったものも上演していたが、次第にダンス色、パフォーマンス色の強い作品に移行してゆく。

長谷川寧
「ダンスに移行したっていう意識はなくて。国内外問わず外国人にも見られる作品ってなんだろうとか、せりふがない、ノンバーバルなものならお客さんは見やすいだろうっていうのがあり、せりふの無い作品を作ったんですね。」

冨士山アネット 火星の生活
冨士山アネット「火星の生活(2005)」

―――それがこの「火星の生活」だ。しかし長谷川にはひとつの葛藤があった。

長谷川寧
「せりふの無い作品だと、俳優がただやるだけだと、下手なマイムになってしまう。それだったらダンサーの方にも、マイムをやる方にも失礼だと思ったんです。俳優がダンサーに勝るものって何だろうと思った時に、いい意味で だらしない体をパンっと出せるっていう、感情を爆発させる表現は、俳優さんっていいなと思ったんです。
台本を書いて、読み合わせをして、せりふのダメ出しとかまでして、その関係性を元に感情をどんどん誇張していって動きをやり取りするっていうことをやっていったんですね。」

冨士山アネット
FujiyamaAnnette ×Dance Theatre 4P「The Absence of the City(2013)」 写真撮影:生井秀樹

―――独特な手法を元に、冨士山アネットは創造的なビジュアルを次々に生み出し好評を博していく。2012年からは韓国カンパニーとの共同制作を行うなど、国内外を問わず活躍の幅を広げていった。

 

新作は出演者0名の公演!?

―――そんな冨士山アネットの次なる挑戦は、出演者0名、制限時間60分、観客は各回10名限定という観客参加型の公演。
「DANCE HOLE(ダンスホール)」と名付けられたこの公演は一体どのようなものになるのだろうか?

冨士山アネット「DANCEHOLE」フライヤー
冨士山アネット「DANCE HOLE」フライヤー

長谷川寧
「体験型とか参加型とかいろんな作品があるんですけど、例えば美術館とかも参加型ですよね。インスタレーションとかでは人がいる場合もありますけど、基本的には人がいない。この場合はお客さんが能動的に動くじゃないですか。最近で言うとリアル脱出ゲームとかもそうですね。」

―――ワークショップとは違うのでしょうか?

長谷川寧
「ワークショップではないですね。リアル脱出ゲームに参加している人もワークショップとは思っていないでしょうし。でも、ある種のルールがあるゲーム的なものなのかもしれないです。ただ、僕は現実っていうものをどう考えるのかっていうのはやりたいことなので、そこは向き合おうと思っています。」

長谷川寧
「お客さんによってはダンス初心者なんですけど大丈夫ですか?とか聞かれることがあるんですけど、それは全然大丈夫です。『さあ、踊ってください。』っていう作品では絶対にない。能動的な気持ち自体は持った方がたぶんこういう作品は楽しめると思いますけど、だからと言って能動的にリズムをとってもらおうというつもりも、こちらとしては無いです。

ダンス公演とか、ダンスってなんだろうって考えること、現実に即して何ができるのか。何かがお客さんそれぞれに返るものにしたいと思っています。リアル脱出ゲームとはまたちょっと違う、ある種フィクションで完結しないものとしてお客さんに残したいなと思っています。」

インタビューに答える長谷川寧
インタビューに答える長谷川寧

ダンス未経験の筆者としては、『踊ってくださいとは言わない』と聞けてずいぶん安心したが、それでもまだこの公演の全容はおぼろげにしか見えてこない。ただ、長谷川氏からはお客さんに楽しんでもらい、エンターテイメント体験を持って帰ってもらいたいというサービス精神を強く感じた。
なかなか前例のないであろう出演者0名の公演。思い切って飛び込んでみると新しい世界が見られるのかもしれない。

本作は2月4日(金)から横浜で、3月18日(金)から京都で公演される。

詳しくは冨士山アネットの公式サイトで。
舞台「ダンスホール」公式サイト

(映像中の音楽:DIVA SYNDROME
See You Again (+Remix) 作曲:Kimy
The Sun Was Slowly Sinking 作曲:brightwaltz
(写真撮影:長谷川美津子、映像撮影・編集・文:森脇孝/エントレ)

 シェアする

 ツイート

 シェアする


公演情報
舞台「DANCE HOLE」

構成/演出/振付:長谷川寧

【日程】2016年2月4日(金)~2月9日(火)/横浜 のげシャーレ(横浜にぎわい座B2F)
【日程】2016年3月18日(金)~3月21日(月)/京都(本公演) ARTZONE

舞台「ダンスホール」公式サイト

最近の記事

ミュージカル『リトル・プリンス』
【動画3分】加藤梨里香、土居裕子のWキャストで名作を上演! ミュージカル『リトルプリンス』1月8日に日比谷シアタークリエで開幕
45
公演中 01月08日(土) 〜 02月06日(日)
『ミネオラ・ツインズ』宮川舞子撮影
性格は正反対の双子姉妹を大原櫻子が演じ分ける! 舞台『ミネオラ・ツインズ』1月7日にスパイラルホールで開幕
11
公演中 01月07日(金) 〜 01月31日(月)
『META歌舞伎 Genji Memories』
中村壱太郎、中村隼人出演 リアルとバーチャルが融合する仮想空間の歌舞伎公演『META歌舞伎 Genji Memories』1月下旬に配信予定
1
劇団☆新感線『乱鶯』『けむりの軍団』Blu-rayが2022年3月17日(木)に同時発売
古田新太主演の2作 劇団☆新感線『乱鶯』『けむりの軍団』Blu-rayが2022年3月17日(木)に同時発売
3
『怪盗☆ドラゴンカンパニーvol.2 グレイン島のレジスタンスと禁断の果実』
あいつらが、帰ってくる! たやのりょう一座公演に内木志、天木じゅんらが出演! 『怪盗☆ドラゴンカンパニーvol.2 グレイン島のレジスタンスと禁断の果実』1月19日からCBGKシブゲキ!!で上演
11
公演中 01月19日(水) 〜 01月23日(日)
PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier 埠頭にて』稽古場レポート
PLAY/GROUND Creation # 2『Navy Pier 埠頭にて』稽古場レポート
33
公演終了 12月18日(土) 〜 12月26日(日)
コンテンポラリーダンス公演『awayness』
坂田有妃子が長年想い描いていた構想を実現する コンテンポラリーダンス公演『awayness』12月21日から千葉市美術館さや堂ホールで開催
10
公演終了 12月21日(火) 〜 12月23日(木)
Japan Musical Festival 2022 ライブ・ビューイング
中川晃教、加藤和樹らが出演のミュージカルコンサート『Japan Musical Festival 2022』が1月28日に全国の映画館でライブビューイング
74
もうすぐ 01月28日(金) 〜 01月28日(金)
41周年興行『狐晴明九尾狩』完走記念! 劇団☆新感線エグゼクティブプロデューサー・細川展裕がオリジナルNFTを1セット限定で販売
6
音楽劇『海王星』山田裕貴、松雪泰子 撮影:岡千里
【動画3分】山田裕貴、松雪泰子、ユースケ・サンタマリアらが出演の音楽劇『海王星』が12月6日にPARCO劇場で開幕
51
公演中 12月06日(月) 〜 01月27日(木)
音楽劇『夜来香ラプソディ』左から木下晴香、松下洸平、白洲迅
松下洸平、白洲迅、木下晴香が出演する音楽劇『夜来香ラプソディ』2022年3月からBunkamuraシアターコクーンほかで上演
14
COCOON PRODUCTION 2022『広島ジャンゴ2022』
天海祐希×鈴木亮平のダブル主演のウエスタン活劇!?『広島ジャンゴ2022』2022年4月5日からシアターコクーンで上演
6
公演日程 04月30日(土) 〜 05月16日(月)
ゴットサンZ『ミル貝の逆襲』
ゴットサンZ兼子佳那子作品、連続上演第2弾『ミル貝の逆襲』参宮橋トランスミッションで12月17日~19日に上演
13
公演終了 12月17日(金) 〜 12月19日(日)
狂夏の市場『あたま山心中 散ル散ル、満チル』
狂夏の市場が、竹内銃一郎の名作『あたま山心中 散ル散ル、満チル』を尼崎・狂夏の市場劇場で12月3日から12日まで上演
11
公演終了 12月03日(金) 〜 12月12日(日)
昭和精吾事務所 誕生月企画公演『氾濫原3』
語りだけで情景を鮮明に想起させる昭和精吾事務所による短篇集『氾濫原3』12月9日(木)から絵空箱で上演
8
公演終了 12月09日(木) 〜 12月10日(金)
近藤芳正Solo Work『ナイフ』reboot 特別インタビュー
近藤芳正Solo Work『ナイフ』reboot 特別インタビュー/2022年1月21日から水戸・豊橋・東京・兵庫・山口で上演
4
公演中 01月21日(金) 〜 02月13日(日)
舞台『あの子より、私。』
黒谷友香主演 理想の物件をめぐる《内見バトル》を描く 舞台『あの子より、私。』2022年1月15日から東京・大阪で上演
4
公演中 01月15日(土) 〜 02月06日(日)
ナイロン100°C『イモンドの勝負』撮影:引地信彦
ナイロン100°Cによるナンセンスコメディ『イモンドの勝負』が 11 月20日に下北沢・本多劇場で開幕/兵庫、広島、北九州公演あり
4
公演終了 11月20日(土) 〜 12月26日(日)
古川雄大主演「シラノ・ド・ベルジュラック」
古川雄大、馬場ふみか、浜中文一らが出演の舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』2022年2月7日から東京・大阪で上演
25
公演日程 02月07日(月) 〜 02月27日(日)
unrato#8『薔薇と海賊』
三島由紀夫の異色ファンタジーに霧矢大夢、多和田任益、田村芽実らが挑む unrato#8『薔薇と海賊』2022年3月4日から東京・大阪で上演
4
公演日程 03月04日(金) 〜 03月26日(土)
『マーキュリー・ファー Mercury Fur』メインビジュアル 撮影:設楽光徳
吉沢亮、北村匠海らが出演の舞台『マーキュリー・ファー Mercury Fur』メインビジュアルが公開/2022年1月から上演
51
もうすぐ 01月28日(金) 〜 03月11日(金)
PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier』
青柳尊哉、中丸シオンらがほぼ全編モノローグの四人芝居に挑む PLAY/GROUND Creation #2『Navy Pier 埠頭にて』12月18日から横浜赤レンガ倉庫で上演
14
公演終了 12月18日(土) 〜 12月26日(日)
FPAPプロデュース『世界は右側でデキている』
2020年4月。世界は一変する。 FPAPプロデュース『世界は右側でデキている』12月18日(土)、19日(日)にレソラNTT夢天神ホールで上演
2
公演終了 12月18日(土) 〜 12月19日(日)
劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』左から福士蒼汰、宮野真守
福士蒼汰と宮野真守のバディが伝奇時代劇に挑む! 大阪・東京公演に加え静岡公演が決定! 劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎『神州無頼街』2022年3月17日から上演
56
公演日程 03月17日(木) 〜 05月28日(土)
ミュージカル『魍魎の匣』 撮影:岩田えり
小西遼生 主演ミュージカル『魍魎の匣』11月10日にオルタナティブシアターで開幕
18
公演終了 11月10日(水) 〜 11月15日(月)
市川海老蔵、戸塚祥太(A.B.C-Z)
六本木歌舞伎2022に市川海老蔵、戸塚祥太(A.B.C-Z)が出演/2月18日から東京・福岡・大阪で上演
3
公演日程 02月18日(金) 〜 03月21日(月)
平 常×宮田 大『Hamlet』、『虫めづる姫君』
東京文化会館が児童・青少年向け舞台公演「シアター・デビュー・プログラム」を開始 12月に平 常×宮田大『Hamlet』、2月に『虫めづる姫君』を上演
1
公演終了 12月18日(土) 〜 12月19日(日)
劇団☆新感線『偽義経冥界歌』特別上映会
劇団☆新感線『偽義経冥界歌』特別上映会が12月3日(金)、4日(土)に博多座で開催/トークゲストはいのうえひでのりと中島かずき
1
公演終了 12月03日(金) 〜 12月04日(土)
劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』11月23日(火・祝)に全国の映画館でディレイビューイング
中村倫也、吉岡里帆、向井理らが出演の劇団☆新感線『狐晴明九尾狩』11月23日(火・祝)に全国の映画館でディレイビューイング
45
公演終了 09月17日(金) 〜 11月11日(木)
京都の老舗和菓子屋を舞台に繰り広げられる男女五人の物語 空降る飴玉社『ここは野分前夜、朱の麓』11月13日(土)、14日(日)に新宿眼科画廊で上演
17
公演終了 11月13日(土) 〜 11月14日(日)

 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2022 Village Inc.