2015.12.8

舞台「熱海殺人事件」が伝説のキャストで現代に復活! 演出は新感線のいのうえひでのり!


 ≫広告掲載のご案内


舞台「熱海殺人事件」
舞台「熱海殺人事件」公開稽古より

舞台「熱海殺人事件」の公開舞台稽古が行われ、一部が報道向けに公開された。

 
舞台「熱海殺人事件」は つかこうへいの代表作と言われる作品。1974年の岸田戯曲賞を受賞した作品だが、その年の本作に出演していたのが風間杜夫と平田満。今回はこのオリジナルキャスト2人の共演が33年ぶりに実現する。

また、演出を手掛けるのは劇団☆新感線のいのうえひでのり。劇団☆新感線が生まれた1980年はまさに「つかブーム」の真っ盛りで、新感線の旗揚げ公演も「熱海殺人事件」だった。その後もしばらくつかこうへい作品を上演していたほど、新感線にとってもルーツとなっているのがつか作品なのだ。

さらに、女性警官役で出演するのは愛原実花。元宝塚歌劇団雪組トップ娘役であり、つかこうへいの娘ということもあり、非常に注目が集まっている公演だ。

 
今回、初日に先立って舞台稽古が報道陣に公開された。こちらはこれを収録した映像。【動画4分】

 

4, 5年前からやりたかった!

舞台「熱海殺人事件」に出演する風間杜夫、平田 満
舞台「熱海殺人事件」に出演する風間杜夫、平田 満

風間杜夫
「僕はね、4, 5年前、つかさんが亡くなった後ですけど、熱海やりたいと、いろんな人に声をかけていたんです。そうしたら、嬉しいことに、いのうえさんの演出で、つかさんのお嬢さんとこれができるなんてもう・・・。(愛原に)33年前、生まれてないですもんね。こんな奇跡的なことはない。これを逃したらいかんということと、平田君も参加するということなので、ワクワクして参加しましたね。

稽古も頭からせりふを交わしただけで、33年前に戻りましたね。なんていうかね、体に染みついているというかね。」

平田 満
「そうですね。本当に良かったです。これ僕一人だけだったら浮いてると思うんで。風間さんがいてくれて良かったです。」

風間杜夫
「本当に。平田君がいてくれて良かったよ。ありがとう。お世話になります。」

平田 満
「いのうえさんが、つかさんの演出をリスペクトというか、尊重してやるとおっしゃってくださって。もちろん、いのうえさん流に直したところはあるんですけど、昔そのままのところもあって、そういうところはとても感慨深くて、最初はちょっと震えましたね。」

舞台「熱海殺人事件」
舞台「熱海殺人事件」左から平田 満、中尾明慶、風間杜夫

―――中尾さんは役作りで頭を丸めましたね

中尾明慶
「気合は入ってますよ。これからできるだけこの先輩方についていけるようにっていうところではあるので。もうどこでも剃りますよ、剃れるもんは(笑)」

愛原実花
「初めて父の作品をやるということで、思いとしてはかなり命がけで頑張らないといけないなと。甘えは許されないなと、強い思いでお稽古に取り組みました。」

舞台「熱海殺人事件」に出演する中尾明慶
舞台「熱海殺人事件」に出演する中尾明慶

風間杜夫
「つかさんは一度劇団を解散された後に、いろんなバージョンでこれをやって来られたんですけど、僕たちがやったものが正解だろっていう変な自負心があって、他の作品に対する嫉妬心もあってね、観てないんです。

でも、やっぱりこの紀伊国屋ホールで、ここでやれるっていうのがまたね、感慨ひとしおですね。」

―――つかさんは、どういう風におっしゃると思いますか?

風間杜夫
「つかさんが生きてたら こんなことやってませんよ! 亡くなったからできるんです(笑)」

舞台「熱海殺人事件」囲み取材
舞台「熱海殺人事件」囲み取材


ゲネプロを観させてもらったが、「ああ、これがホンモノの熱海なのか!!」という感慨深さがあった。第三舞台「朝日のような夕日をつれて」が復活した時にも感じたことだが、現代の舞台とはやっぱり違う、でも確実に刺激的でとても新鮮な舞台だった。

スタッフによるとチケットは既にほぼ完売しているそうだが、当日券が若干用意されるということなので、伝説の舞台の復活を目撃しに行ってみてはいかがだろうか?
 

詳細は公式サイトで。
舞台「熱海殺人事件」公式サイト
ぴあでチケットを購入
icon

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ)

この記事はお役に立てましたか?
以下の「フォローする」を押してください! あなたのフェイスブックに演劇情報(ときどき舞台動画)をお届けします! よろしくお願いします!!(エントレ編集部)


公演情報
舞台「熱海殺人事件」
【作】つかこうへい
【演出】いのうえひでのり

【出演】風間杜夫 平田 満 愛原実花 中尾明慶

2015年12月8日(火)~26日(土)/東京 紀伊國屋ホール
2016年1月6日(水)7日(木)/穂の国とよはし芸術劇場 主ホール
2016年1月9日(土)、10日(日)兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
2016年1月16日(土)、17日(日)北九州芸術劇場 中劇場
2016年1月20日(水)電力ホール
2016年1月23日(土)音更文化センター 大ホール
2016年1月29日(金)、30日(土)道新ホール
2016年2月2日(火)盛岡劇場 メインホール
2016年2月5日(金)、6日(土)りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 劇場

舞台「熱海殺人事件」公式サイト
ぴあでチケットを購入
icon

 ≫広告掲載のご案内

Tag (キーワード)

この記事を書いたのは

森脇孝
エントレの代表者。撮影・編集・記事の作成まで、いろんなことを担当しています。今でも忘れられない芝居は、NODA・MAP「半神(1999)」、劇団☆新感線「蛮幽鬼(2009)」、イキウメ「散歩する侵略者(2011)」など。京都出身。

前の記事と次の記事

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.