2015.11.20

QSC4 ノミネート会議後の座談会[3]


QSC4 ノミネート会議後のスタッフ座談会

第4回クォータースターコンテストのノミネートは前述のように決まりましたが、他にもノミネートに残ってもらっていいんじゃないだろうかという作品は数多くありました。ということで、ここでは、惜しくも今回のノミネート作品に入らなかった作品について、ノミネート会議に参加したスタッフ6名による座談会の記録を3ページに渡ってお届けします!
※ここは3ページ目です。

なんかヒリヒリする。青春だなー!

みかんプロジェクト『映画を見に行こう(仮)』
みかんプロジェクト『映画を見に行こう(仮)』

A 「みかんプロジェクト『映画を見に行こう(仮)』。最後に『やってみないとわからないじゃない? 宝くじと一緒よ。』という今回のQSCチラシに載っているせりふを使っていて、僕ら主催者としてドキっとした。」
B 「そうだよね」
A 「そこに至るまでの伏線とかの部分がもっと洗練されて、もっと楽しく観られたら良かったかなと思いました。」

神宮寺雄介『心が噴き出したがってるんだ。』
神宮寺雄介『心が噴き出したがってるんだ。』

E 「神宮寺雄介『心が噴き出したがってるんだ。』。これ、好きでしたよ。」
B 「工夫されてますよね。」
E 「吹き出しを出すタイミングとか、投げるとかには意図を感じるし、若い人たちのヒリヒリした感じとかが出ていたかなと。」
C 「ザ・現役大学生みたいなリアルさが出てましたよね。」

ダイアモンドダスト『3+1の観覧車』
ダイアモンドダスト『3+1の観覧車』

B 「ダイアモンドダスト『3+1の観覧車』。これぞ青春ですよ。」
C 「告白されない方の女の子がいいなあって思って観てました。」
E 「最後、何回も乗ってたっていうのがよくわかんなかったんだけど。」
C 「そう、なんで繰り返してたんだろう?」
A 「告白が成功するまで繰り返すっていう設定なのかな? 近いテーマとして演劇ユニット カラフルホリデー『ウッドチャックカフェ』っていうのがあったけど、あれはちゃんと告白を繰り返す設定を教えてくれててわかりやすかったね。」

東京工業大学演劇研究部 劇団娘の予感『なんでもない日、おめでとう』
東京工業大学演劇研究部 劇団娘の予感『なんでもない日、おめでとう』

E 「東京工業大学演劇研究部 劇団娘の予感『なんでもない日、おめでとう』。学生さんのリアリティがうまく出てたし、あとストーリー構成が面白いなと思いました。」
F 「冒頭、カメラが傾いて始まって『直せよ、直せよ』っていうところから始まるのは、ワンクッション入っていて良かったなと思いました。」
C 「これも恋愛だね。」
B 「等身大の大学生ってこんなに・・・!? って思って怖かった。」
E 「真っ暗になってパソコンの光だけっていう演出もあって工夫がありましたよね。」

叱責2
高橋花生『叱責』

D 「高橋花生『叱責』。なんだかわからないけれど、すごいヒリヒリとしたものを感じました。」
E 「手法はすごく演劇的というか、鏡を使って奥行きを持たせたりとか、演劇動画としての工夫がありましたね。」
C 「鏡を使うというのは、カメラが映っちゃうリスクを背負っているからね。」
F 「オープニングを観たときに、これって鏡である必要はあるのかなと思ったんですよ。単に奥行きのある部屋でやるのとは違う意味があったんでしょうけど、僕にはあんまりわからなかったな。」
C 「衝動はわかるんだけど、内容をもうちょっとわかりやすくなると良かったのになと思いました。」

WalkWorks『蚊』
WalkWorks『蚊』

D 「WalkWorks『蚊』。これは演劇とは真逆な気がして、あの表情だけで伝えきったというのは面白かったなと。」
E 「結果的には何もないんですけど、この主人公の男の人は何かするのかなと、引っ張られて最後まで観ていられました。」
C 「確かに引っ張られる世界観がありました。」
B 「よく言われてますけど、男の人って別れた昔の彼女も、自分のことを今もまだ好きだと思っている・・・みたいなのって本当にあるんだなって。」
C 「確かに。恋愛ものってステレオタイプ的なものが良く出てきてますけど、これはその男子版みたいな感じでしたね。」


ということで、ノミネート会議後の座談会でした。惜しくもノミネートに残らなかったみなさん、また来年のリベンジをお待ちしています!(※QSC5が開催されれば・・・、ですが。)

次は12月5日(土)に、審査員の方々の劇評コメント動画を見つつ、グランプリの結果発表を行います!どうぞ、そちらもよろしくお願いします!

 

(文:エントレ編集部)

公式サイト

 シェアする

 ツイート

 シェアする


開催情報
第4回クォータースターコンテスト

【審査員】鴻上尚史 野宮真貴 行定勲 柏井万作
【グランプリ賞金】30万円
【募集期間】2015年8月3日(月)~10月30日(金)
【ノミネート作品発表】11月20日(金)を予定
【結果発表&授賞式】12月5日(土)16:00~

第4回クォータースターコンテスト 公式サイト

こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近投稿されたQSC作品

 ≫QSCトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台

Copyright 2019 Village Inc.