2015.11.5  11

青年座の【財産演目】舞台「からゆきさん」がまもなく上演/予告編動画が公開


青年座「からゆきさん」

劇団青年座の代表作のひとつ、舞台「からゆきさん」が11月14日(土)から紀伊国屋ホールで上演される。また、本作の予告編動画が公開された。

 
「からゆきさん」の初演は1977年。1990年には松竹と提携し、西田敏行、高畑淳子が出演して上演し好評を博した。その後も青年座の卒業公演で繰り返し上演され、劇団の「財産演目」と位置付けるほど大切に演じ続けられている作品だ。
そんな本作がまもなく紀伊国屋ホールで上演される。

こちらは稽古場の映像を使った本作の予告編動画だ。

 

STORY
天草出身の巻多賀次郎は、上海を皮切りに大陸を渡り歩いた末、ここシンガポールに根をおろし、娼館「二十六番館」の主人となった。

多賀次郎が惚れぬいて一緒になった紋、日本を追われた七之助をかばうミユキ、出張商社員につくす巴、多賀次郎と紋を親のように慕うモモヨ、大陸を共に放浪してきた国、同郷天草出身の福、紋を頼ってやってきたアカネ、そして前妻のキノも炊事婦として二十六番館に身を寄せている。

時は日露戦争前夜、多賀次郎と「からゆきさん」たちは、強い愛国心のもと、遠く離れた祖国と家族のために仕送りに精を出している。
当時の日本にとって、世界各地からのこのような送金は大きな収入となっていた。

ついに日本は日露戦争に勝利した。
しかし、時代の流れは、彼らの思いとは逆方向に流れ出す。

本国から派遣された男たちは態度を豹変させ、諸外国への体面を重んじた国は、娼館で働く女たちに送還命令を出すことになる。
国に見捨てられ全てを失った多賀次郎とからゆきさん。

「すきもきらいも、ひろうも棄てるも男の勝手。女はせつない。
でも、棄てられたら、棄てられたふりして、棄てかえせ。」

女たちは、すがる多賀次郎をシンガポールに残しさすらいの旅に出るのであった。

詳細は公式サイトで。
青年座「からゆきさん」公式サイト

(文:森脇孝/エントレ)

 シェアする

 ツイート

 シェアする


公演情報
劇団青年座 舞台「からゆきさん」

【作】宮本研
【演出】伊藤大
【出演】
綱島郷太郎 山﨑秀樹 嶋田翔平 石母田史朗 渕野陽子 安藤瞳 津田真澄 松熊つる松 椿真由美 森脇由紀 古澤華 田上唯 遠藤好 坂寄奈津伎 矢崎文也 勝島乙江 加門良 平尾仁 青木鉄仁 和田裕太 中野亮輔 小磯聡一朗

【日時】2015年11月14日(土)~11月23日(祝・月)
【会場】東京・紀伊国屋ホール

青年座「からゆきさん」公式サイト

 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.