2015.8.13

前回の受賞者 佐山花織さん(モラトリアムパンツ)にインタビューしてきました!


佐山花織さん(モラトリアムパンツ)

連日暑いですが、いかがお過ごしでしょうか?
QSCスタッフの森脇です。

 
今回は、前回大会の受賞者の方にインタビューさせてもらってきました! 作品を作る上で苦労したこと、受賞作の元になったアイデアについてなど、これから動画を作ろうとする人たちのヒントになるんじゃないかと思っています。

インタビューシリーズ1本目は、第3回QSCで優秀作品賞を獲得したモラトリアムパンツの佐山花織さんです!
早速動画をご覧ください!

QSCに参加した動機は?

佐山花織(モラトリアムパンツ)
「ずばり、賞金ほしい!でした(笑)。
まあ、劇団をやっていると活動資金が必要になってくるので。

 

作品を生んだアイデア・発送について

佐山
「15分って短いようで結構長くて、ちゃんと15分まるまる飽きずに観てもらうっていうのは、すごい工夫がいるよねって思って。そこで、双子を使って一人の人をやるっていうのは面白いんじゃないかなっていう発想からだんだん広がっていきました。」

 

第3回QSCで優秀作品賞を受賞した作品「ヒットナンバー」

 

作品を生んだアイデア・発送について

佐山
「ヒットナンバーっていう未発表だった、おかもとえみさんの楽曲があって、すごくいい曲だからこれを元に作ったらいいんじゃないかなと思って。双子を使う、洋服屋でやる、ヒットナンバーっていう曲を使うっていうことを決めて作家さんに書いてもらった結果、ああいう感じになりました。」

 

苦労したことは?

佐山
「前半、双子が一人の人物を演じているっていうのがバレないようにしなきゃいけなかったこと。あとはお客さんを入れての撮影だったので、役者だけの稽古は事前にできるけど、お客さんの稽古は当日にしかできないのが苦労しました。編集できないというのが、生の舞台と一緒なので、ミスできない・・・っていう恐ろしさはありました。」

 
佐山花織さん(モラトリアムパンツ)

 

優秀作品賞を獲得した結果発表&授賞式について

佐山
「ドキドキしながら発表を見ていて、審査員の人たちも結構意見がバラバラで、厳しい意見を言って下さった方もいるし、すごく褒めていただいて気に入って下さったかたもいました。参考にもなったし、そういう風に見えるんだとか、ああこうすれば良かったなとか、いろんなことを考えながら見ていました。
まあでも、結果的には賞金狙いだったので、1位じゃなかったのがすごく残念ではあります(笑)。」

 


 
ということで、佐山さん、ありがとうございました!

次は「あやめ十八番」堀越涼さんのインタビューをお届けします!お楽しみに!

 
 
第4回クォータースターコンテスト 公式サイト

(文:エントレ編集部)

公式サイト

 シェアする

 ツイート

 シェアする

 


開催情報
第4回クォータースターコンテスト

【審査員】鴻上尚史 野宮真貴 行定勲 柏井万作
【グランプリ賞金】30万円
【募集期間】2015年8月3日(月)~10月30日(金)
【ノミネート作品発表】11月20日(金)を予定
【結果発表&授賞式】12月5日(土)16:00~

第4回クォータースターコンテスト 公式サイト

こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近投稿されたQSC作品

 ≫QSCトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台

Copyright 2019 Village Inc.