2015.7.29  35

小林顕作・明和電機らと学べる! ワークショップフェス「DOORS」が8月に開催


ワークショップフェスティバル ドアーズ 小林顕作

小林顕作らが講師を務めるワークショップフェスティバル「DOORS(ドアーズ)」が8月12日(水)~18日(火)まで大阪・メビック扇町などで開催される。

 
今年で開催9年目となるワークショップフェスティバル・ドアーズは「文化は人がつくる」をコンセプトに市民からの公募によるワークショップを毎年開催している。DOORSが意味しているのは新しい扉。扉を開ければ、新たな出会いが待っているというわけだ。体験時間は90分、料金はすべて500円という敷居の低さが受けて、毎年多くの市民が訪れるイベントになっている。

ワークショップフェスティバル「ドアーズ」

また、選べるワークショップの数は100種類ということで、選択肢の多さも注目すべき点だろう。ジャンルもアート・クラフト、音楽、踊る、食など、様々なジャンルから選べるので、じっくりサイトを見て、どれに行ってみるか悩んでみてはいかがだろうか。

ちなみに筆者が気になったのは42番の「はじめてのジャグリング!」。パンフレットには『3個ボールのジャグリングまで、一緒に楽しくマスターしましょう!』とある。自分が90分でできるようになるかは疑問(とても不安)だが、是非体験してみたくなった。

詳細は公式サイトでご確認ください。
ワークショップフェスティバル「DOORS(ドアーズ)」

(文:森脇孝)

公式サイト

 シェアする

 ツイート

 シェアする

 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.