2015.6.24  0

山田由梨の突撃稽古場レポート! ベッド&メイキングス「墓場、女子高生」の魅力に迫る!


墓場、女子高生
山田由梨の突撃稽古場レポート! ベッド&メイキングス「墓場、女子高生」の魅力に迫る!

ベッド&メイキングスの第4回公演「墓場、女子高生」の稽古場を
出演者の山田由梨が突撃レポート!
主宰の福原充則・富岡晃一郎などにインタビューし、公演の魅力に迫る。

 
舞台「墓場、女子高生」はベッド&メイキングスの旗揚げ公演として2012年に上演。
今回はベッド&メイキングスの第4回公演として、
清水葉月、根本宗子、青山美郷などのキャストを迎えて再演する。

そこで今回エントレでは、
本作の出演者でもある山田由梨氏にレポーター役をお願いし、
稽古場で出演者や主宰の2人に突撃インタビュー取材を行った。

エネルギーに満ちあふれた稽古場の様子を動画でご覧ください。【動画 11分】

 
再演の理由は「普遍性」

ベッド&メイキングスの福原充則&富岡晃一郎
ベッド&メイキングスの福原充則&富岡晃一郎

(レポーター)山田由梨
「再演にかける思いを教えてください!」

脚本・演出 福原充則
「普段は、今この瞬間思っていることをなるべく脚本に書こうと思っているんので、
再演っていうのはあまり考えてこなかったんですけど、
この芝居に関しては、普遍的なテーマを語っているんじゃないかなと思っているんです。

再演に耐えうる題材なんじゃないかと思っているので、
それを確かめるためにも、再演してみようと思いました。」

富岡晃一郎
「キャストも一新して、また頼もしい人がいっぱい集まってくれて
若くて元気いっぱいの女の子たちが集まってくれたので、
僕も一緒に騒いで、楽しい舞台にしたいと思っています。」

(レポーター)山田由梨
「ちなみに、どっちがベッドで、メイキングスなんですか?」

富岡晃一郎
「それ、新感線の粟根さんにもよく聞かれるんですけど・・・決まってないです。」

福原充則
「じゃあ、(富岡さんが)ベッドで、僕がメイキングスでいいんじゃない?」

(レポーター)山田由梨
「もうちょっと、由来とかを教えてもらっても・・・」

富岡晃一郎
「劇場を土台から作るというか。
ベッドつまり、みんなが寝られるところをゼロから作るみたいな」

福原充則
「そう、そういう理由で倉庫で公演したり、
野外で公演したりしてるんです。

そういう意味でいうと、今回普通の劇場でやる公演なので、
劇団のコンセプトから外れた、あり得ない公演で・・・、
残念な公演ということに・・・」

(レポーター)山田由梨
「そんなことないです! おもしろいですよ!」

 
主人公は自殺した女子高生の幽霊

「墓場、女子高生」に出演する清水葉月
舞台「墓場、女子高生」に出演する清水葉月

(レポーター)山田由梨
「清水さん、ストーリーについて教えてください。」

清水葉月
「私が演じる日野陽子は自ら命を絶ってしまった女子高生で、
そのお墓にいつも女子高生たちが集まってきていて、
そこでいろんなことが起こるというお話です。」

根本宗子
「私も女子高生役なんですが、
高校時代は楽しことがあんまりなかったので、
舞台でははっちゃけたいと思っています。」

清水葉月
「みずみずしくね。」

 
やっぱり女子高生に観てもらいたい!

墓場、女子高生
歌を披露する出演者たち

望月綾乃
「やっぱり、女子高生に観てもらいたいです。
かなり女子高生じゃない人が無理して演じてる姿が楽しいんじゃないかと。
あと、高校生以下は1000円で観られますので、是非、観に来てほしいです!」

佐藤みゆき
「私たち、合唱部という設定なので、
歌の練習がすごい楽しいです! (※歌部分は動画でお聴きください!!)」

中山祐一朗
「まあでも、所詮はオッサンが書いている台本なので、
いくらみずみずしくても、
これに共感を受けるのもオッサン方なんじゃないかと思います。

甘酸っぱい!いいな~!と思いたいオッサンの方!
観に来てください!」

墓場女子高生 稽古場取材
公演を告知する出演者たち

友人の自殺をきっかけに、墓場に集まる女子高生たち。
彼女たちは近しい人の死に向き合い、自分自身を顧みることになる。
身近な人の死という誰もが経験するテーマを扱っているが、
女子高生たちが明るく、エネルギーにあふれているので
軽やかで暗くなりすぎない。

2012年に上演された時にも各所から賞賛の声が上がっていた作品だが、
今回もいいお芝居が観られそうだ。

本作は7月17日(金)から池袋の東京芸術劇場 シアターイーストで上演される。

ベッド&メイキングス「墓場、女子高生」公式サイト

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ)

公式サイト ぴあでチケットを購入 Youtubeで観る

 シェアする

 ツイート

 シェアする


公演情報
舞台「墓場、女子高生」

【脚本・演出】福原充則
【出演】清水葉月 根本宗子 青山美郷 望月綾乃 山田由梨 葉丸あすか 杉ありさ 佐藤みゆき / 猫背椿 / 竹森千人 中山祐一朗 / 富岡晃一郎

2015年7月17日(金)~26日(日)/東京 東京芸術劇場 シアターイースト
前売・当日 5,000円/ 学生割引 3,500円/ 高校生以下 1,000円 

ベッド&メイキングス「墓場、女子高生」公式サイト

 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.
「髑髏城の七人」Blu-ray BOX