2015.6.2

浦井健治×ソニン 舞台「トロイラスとクレシダ」制作発表/シェイクスピアの中でも最も演出家がやりたい問題劇


舞台「トロイラスとクレシダ」制作発表
浦井健治×ソニン 舞台「トロイラスとクレシダ」制作発表

舞台「トロイラスとクレシダ」の制作発表が行われ、
浦井健治、ソニンら出演者と、演出の鵜山仁、翻訳の小田島雄志らが登壇した。

 
舞台「トロイラスとクレシダ」は、戦争の中で翻弄される男女を主人公とし、
悲劇と喜劇の間を揺れ動き、シェイクスピア作品の中で最も分類困難な“問題劇”とされている作品。

演出は文学座の鵜山仁。タイトルロールのトロイラスは浦井健治、
クレシダはソニンが演じる。
実は2009年に上演された舞台「ヘンリー六世」では浦井はタイトルロール、
鵜山が演出を務めて大成功を収めており、
また、その後も二人は「リチャード三世」やミュージカル「二都物語」などでも仕事をしており、
その相性の良さは折り紙つきだ。

また、本作は
《世田谷パブリックシアター+文学座+兵庫県立芸術文化センター》
という制作体制になっており、演出の鵜山仁を始め、
江守徹、渡辺徹、今井朋彦、横田栄司など、
文学座の精鋭がこぞって出演することも特徴的で楽しみな要素の一つとなっている。

 
稽古開始を目前に控えたこの日、
「トロイラスとクレシダ」の制作発表が都内で行われた。

以下はこの様子を抜粋したもの。【動画 11分】

 

演出家が一番やりたがる作品

舞台「トロイラスとクレシダ」制作発表 小田島雄志
本作について語る小田島雄志

小田島雄志
「トロイラスとクレシダっていうのは、
演出家が一番やりたがる本であり、観客が一番観たくない本であると。
つまりね、いろんな問題があり演出家は『俺だったらこうやる』というのが
あるからでしょうね。
お客さんとしては悲劇か喜劇か歴史劇か、芝居の途中でプツっと
終わっちゃうような劇は、観客はあまり喜ばないわけです。

でも、人間というのはそんなにはっきり割り切れないというような
人間観が広まってきてから、『この芝居結構面白いんじゃないか』というのが
観客の方にも沸いてきた。ちょうどそう言う時期だと思います。

鵜山くんの演出なので、わかんないけど面白いだけじゃない、
わかった上で面白いという作品になると僕は非常に期待しています。」

 
良きものが壊れていく時のエネルギー

トロイラスとクレシダについて語る鵜山仁
トロイラスとクレシダについて語る鵜山

鵜山仁
「愛とか信義とか名誉とか、そういうプラスの符号が付きそうな良きものが
壊れて行く時にどれくらいのエネルギーを出すかと。
とりあえずはそこだと思っています。

たまたまヨーロッパとアジアの境目にある地域のお話なので、
そこでいろんな価値観が広まって、混在したり、
そういった混沌の中から未来の姿が見えてくるのかどうかっていうのが
差し迫って我々の問題でもあるし、その辺にも触れることができたらという風に思っています。」

 
混沌から未来へ

トロイラス役の浦井健治
トロイラス役の浦井健治

浦井健治
「今、鵜山さんがおっしゃった『混沌から未来へ』っていうのが、
テーマなんだろうなと漠然と思いながら、印象深かったんですけども、
僕の演じるトロイラスは開口一番で『戦争に行きたくない』って言っていて、
それが僕の中でインパクトがあって、とても人間的だなと思いました。
未来ってどっちなんだと結論が出ないまま、でも進んでいくのが現代的で、
今現在の日本っていうのも表しているのかなって漠然と思ったりしています。」

 
悲劇も喜劇もあるのは、人生と同じ

クレシダ役のソニン
クレシダ役のソニン

ソニン
「脚本を読んでみて、これは難しいな・・・というのが第一印象でした。
喜劇なのか悲劇なのか歴史劇なのかという話がありましたが、
そもそも人生っていうのが時に悲劇だったり、すごく滑稽だったり、
美しかったり汚かったりという部分がすごく混沌としている世界なんだと思います。

私は『ヘンリー六世』という作品以来、シェイクスピア劇が2回目なのですが、
シェイクスピア劇の美しさを解釈しながら、
今の自分なりに魅力的に演じられたらなと思っています。」

 
ポスタービジュアルについて語る浦井とソニン
ポスタービジュアルについて語る浦井とソニン
 
この後、『ヘンリー六世』の時も共演していた浦井健治とソニンが
お互いのエピソードを話すなど、和やかな空気の中、制作発表が進行。
ポスタービジュアルが3種類存在する秘密についても語った。【続きは動画でご覧ください】

また、江守徹は「新人の気持ちでやりたい」と語り、
会場をどよめかせていた。

 
本作は7月15日(水)から世田谷パブリックシアターで上演、
その後、石川、兵庫、岐阜、滋賀で上演される。

舞台「トロイラスとクレシダ」公式サイト

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ)

公式サイト Youtubeで観る

Facebookで共有  Twitterで共有  Google+で共有  


 

 


公演情報
舞台「トロイラスとクレシダ」

【作】ウィリアム・シェイクスピア
【翻訳】小田島雄志
【演出】鵜山仁

【出演】
浦井健治 / ソニン / 岡本健一 / 渡辺徹 /
今井朋彦 横田栄司 / 鵜澤秀行 斎藤志郎 高橋克明 /
櫻井章喜 石橋徹郎 鍛治直人 / 松岡依都美 荘田由紀 吉野実紗 /
木津誠之 神野崇 内藤裕志 宮澤和之 / 廣田高志 若松泰弘 植田真介 / 
浅野雅博 小林勝也 /
吉田栄作 / 江守徹

【演奏】 芳垣安洋 高良久美子

2015年7月15日(水)~8月2日(日)/東京 世田谷パブリックシアター
その後、石川、兵庫、岐阜、滋賀で上演される。

舞台「トロイラスとクレシダ」公式サイト


関連情報
鵜山仁×浦井健治の名タッグが挑む!「トロイラスとクレシダ」取材に行ってきました!
話題のミュージカル「デスノート」/稽古場で浦井健治・柿澤勇人・小池徹平が劇中曲を初披露!
マサラ・ミュージカル「ボンベイドリームス」が開幕/浦井健治・すみれ・加藤和樹・朝海ひかるが歌って踊って駆け巡る!
ゲキ×シネ「ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII」/舞台挨拶に古田新太・浦井健治らが登場


タグ

 


[ad#ad-1]


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.