2015.4.6  15

容疑者は小林一茶? こまつ座の舞台「小林一茶」が開幕/出演は和田正人・石井一孝など


舞台「小林一茶」
舞台「小林一茶」が開幕! 写真撮影:谷古宇正彦

こまつ座の舞台「小林一茶」が新宿・紀伊国屋ホールで今日から開幕。
出演は和田正人、石井一孝、荘田由紀など。演出は鵜山仁。

 
本作は、井上ひさし江戸三部作の三番目として書かれた、
江戸を代表する俳諧師・小林一茶の評伝劇。

作者、井上ひさしの言葉によると、

この戯曲に登場する人物はすべて実在し、この戯曲の扱う事件はなにによらず史実である。(中略)
この事件を経てこそはじめて一茶は一茶になったのだと作者は確信する。

評伝劇でありながら、描かれるのはその事件のあった七日間。
その舞台となる事件を彩るのが劇中劇。
一茶の半生をたどりながら、
観客もろとも巻き込む推理劇の要素を持ち合わせた秀逸な作品になっている。

劇中劇で一茶を演じるのは和田正人。
ライバルの竹里(ちくり)は石井一孝が演じている。

 

以下は囲み取材で出演者が語ったコメントだ。

舞台「小林一茶」
左から荘田由紀、和田正人、石井一孝  写真撮影:谷古宇正彦

 

和田正人 コメント

明日、初日が開けますが、あと2週間くらい稽古したい・・・
そのくらい今はドキドキして緊張しています。
が、Show must go on!ですからね、頑張ります。

共演のカズ(石井一孝)さんは、初めて会ったときから“お兄さん”という感じで、
“正人くん”と呼んでくれて、いつも見守ってくれているような、
一茶と竹里の関係にも近いんです。

カズさんとは稽古後、“脳髄が痛い”と言っていました。
そのくらい、言葉にしっかり向き合う作品なので、稽古が始まる前に新聞を取り始めたほどです。
とはいえ、推理劇なのでまずは謎解きをとことん楽しんで頂ければ、
井上先生の文学性も感じられると思います。
ぜひ劇場にお越しいただければと思います。

 
舞台「小林一茶」
容疑者は小林一茶? こまつ座の舞台「小林一茶」 写真撮影:谷古宇正彦

 
石井一孝 コメント

長く俳優をやっていますが、今回は独特の緊張感があります。
井上先生の作品は言葉がとても流麗で美しいので、
反面、トゲといいますか、演じる方は大変なのです・・・。
美しいものを美しいままお届けすることができればと思っています。

座長の(和田)正人くんは、キレ味するどい、すばらしい役者さんだと思います。
何か降りてくるものがあるのか、稽古場でもきらめいていましたね。
美しい日本語は素敵だな、と思っていただける作品です。

 
荘田由紀 コメント

(初日を明日に控えた)今は、とてもドキドキで緊張しかない感じです。
主演の和田(正人)さんは、すごく素敵な方で、
頼りがいがあってみんなを引っ張ってくれました。

井上戯曲は、言葉が難しいところや、
今回は特に劇中劇から始まって設定が行ったり来たりするので大変でした。
初日の幕が開けば、また見えてくるものがあるのではと思います。頑張ります。

 

本作は4月6日(月)から新宿・紀伊国屋ホールで開幕。
4月29日(水・祝)まで上演される。

(文:森脇孝/エントレ)

公式サイト ぴあでチケットを購入icon

Facebookで共有  Twitterで共有  Google+で共有  


 

 


公演情報
舞台「小林一茶」

【作】井上ひさし
【演出】鵜山仁
【出演】
和田正人 石井一孝 久保酎吉 石田圭祐 小嶋尚樹 大原康裕
小椋 毅 植田真介 川辺邦弘 松角洋平 一色洋平 荘田由紀

2015年4月6日(月)~29日(水・祝)/東京:新宿・紀伊国屋ホール
料金 7,600円/ 夜チケット 7,000円/ 学生割引 5,500円


関連情報
ミュージカル「シスター・アクト」製作発表動画/瀬奈じゅん、森公美子らが登壇
ミュージカル「天翔ける風に」/朝海ひかる 石井一孝らが稽古場で歌唱披露
ミュージカル「トゥモロー・モーニング」/公開稽古で劇中曲3曲を披露


タグ


[ad#ad-1]


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.