2015.4.3

本当の美しさを求める人達が 犬かきで必死にもがく劇場群像劇/音楽劇「御手洗さん」


音楽劇「御手洗さん」
音楽劇「御手洗さん」

なるせゆうせいの新作音楽劇「御手洗さん」が
4月22日(水)から下北沢・シアター711で上演される。
音楽はさめざめの笛田さおり。ド底辺にいた女の成り上がり群像激烈音楽劇だ。

 
みにくいものとは? 美しさとは?

小さい頃から圧倒的にイジメらていた、
みにくい御手洗アイ子(みたらいあいこ)は、いつも世界を呪っていた。
「ああ、この世はなんて不公平なんだろう。
こんなみにくい自分じゃなくて、もう少し美しさがあれば・・」
そう思いながら、引きこもり引きこもり続けて早幾年。両親はもういない。

さすがにこれはまずいと一念発起し、就職活動をし受かったのが、世界的有名な「美」を追求する会社。
こんなみにくい私が、こんな美を追求する憧れの会社で働けるなんて・・。
これからは恋に仕事に全力投球よ!
アイ子はこの会社で伸し上がろうとそう決意した矢先、上司と出会って戦慄し、おしっこ大量発射した。
それは、かつてアイ子をイジメにイジメぬいたクラスのマドンナ、九頭竜冴子だったのだ・・。

自分を勇者だと信じてやまない底辺の彼氏、みにくいものにこそ美を感じる逸脱した社長、
優しさの固まりだが酔うと人を殺すヤクザ、自分よりレベルの低い社員を仲間にする同僚、
などなど一癖も二癖もある登場人物と社会の荒波の中で、
果たしてアイ子は、究極の美を手に入れる事ができるのか?いや、できないのか?

そもそも本当の美しさとはなんなのか?
美しさを手に入れたい人々が、犬かきで必死でもがく激情群像劇、ここに見参!


 
このあらすじを読む限りでは、
とても濃いキャラクターたちが登場しそうな予感がする。

公式サイトのイントロダクションに
作・演出を務める なるせゆうせい の思いが書いてあったが、
私はふんふんと、うなずきながら読んでしまった。

御手洗さん|イントロダクション

彼の描く世界に期待したい。

本作は4月22日(水)から下北沢・シアター711で上演される。

(文:森脇孝/エントレ)

公式サイト

Facebookで共有  Twitterで共有  Google+で共有  


 

 


公演情報
ナルセカイ第1弾公演 音楽劇「御手洗さん」

【作・演出】なるせゆうせい
【出演】佐藤蕗子(mizhen)、所里沙子、谷佳樹、綱島恵里香、安藤ヒロキオ、小野由香、加藤拓也、真銅倫子、ナカムラアツシ、中村円香、山村真也、山本成美、若狭ひろみ

2015年4月22日(水)~26日(日)/東京:下北沢 シアター711
料金:前売 3,800円/ 当日 4,000円


関連情報
舞台「明日、君を食べるよ」稽古場取材/脚本・演出 なるせゆうせいさんインタビュー


タグ

 


[ad#ad-1]


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.