2015.4.1

フランク・ワイルドホーン来日会見/和央ようか「ドラキュラ」劇中曲などを熱唱!


フランク・ワイルドホーン&フレンズ ジャパンツアー開催決定
フランク・ワイルドホーン&フレンズ ジャパンツアー開催決定

ブロードウェイが生んだ今世紀最も優れた作曲家の1人フランク・ワイルドホーン。
今年12月に、「フランク・ワイルドホーン&フレンズ ジャパンツアー」の開催が決定し、
来日記者会見が行われた。

 

ボルヒャート・和央・ワイルドホーン

 
フランク・ワイルドホーンに加え、
元宝塚トップスターにして、ワイルドホーンと婚約中の和央ようか、
ヨーロッパNo.1ミュージカル俳優として名高いトーマス・ボルヒャートが登壇。

和央
「この素晴らしいキャストが日本に来ることが奇跡、
フランクとフランクのバントがブロードウェイから
やってくるのもびっくりなのに、そこに私が・・・
日本人であることがラッキーだったのか、フィアンセであることが
ラッキーだったのか。その両方なのかも知れませんが(笑)」

ワイルドホーン
「ラッキーなのは、私の方です!
だいぶ前に、宝塚のために作曲するという機会を頂きました。
そのプロジェクトが、自分にとってどんなに重要性があることか
その時には気づいていませんでした。

もちろん、作曲する喜びはあったが、まさか将来自分の伴侶となる
女性のために曲を書いているという認識はその時は全くありませんでした。
彼女は歌手としても素晴らしい。
本当に、ミュージカルにしたいような私の素晴らしいストーリ―。」

 
才能を認め合い、音楽がつないだお2人の物語に、
ワイルドホーンと大親友だというボルヒャートも期待していたとニッコリ。

 
フランク・ワイルドホーン&フレンズ ジャパンツアー開催決定
ワイルド・ホーンの演奏で歌唱披露する和央

 
ワイルドホーンは、「ジキル&ハイド」「スカーレット・ピンパーネル」
「シラノ」「ドラキュラ」「MITSUKO」など、多くのミュージカルを手掛け、
グラミー賞、トニー賞ノミネート、他あらゆる賞を受賞しており、
日本で最も知られているミュージカル作曲家の一人。

会見では、ワイルドホーンのピアノ演奏で、
和央ようか、トーマス・ボルヒャートの歌唱披露も行われた。

 
和央ようか・ボルヒャート
和央ようか・ボルヒャート

 
また、トーマス・ボルヒャートはミュージカルファン待望の初来日。

ボルヒャートと言えば、
「ジキル&ハイド」のジキルとハイド役、「エリザベート」のトート役、
「モーツァルト」のレオポルト役、「ドラキュラ」のドラキュラ伯爵役、
「モンテクリスト伯」のモンテクリスト伯役、
「ネクスト・トゥ・ノーマル」ヨーロッパプレミア公演のダン役等・・・。
ヨーロッパ ナンバーワンとも言われるの名優。

 
ボルヒャートと和央は、「ドラキュラ」で、同じドラキュラ伯爵役を演じており、
同じ「ドラキュラ」役の二人共演するのは、今回が初めて。
また、それぞれが異なった言語で歌うというスペシャルなステージを披露。

 
和央・ワイルドホーン

  
世界のミュージカルスターとミュージシャンが、日本に集結し、
美しい曲と魔法の様なステージをするまたとない機会。
ミュージカルファンにとっては、貴重な一時となることは間違いない。

本作は12月に大阪・梅田芸術劇場メインホールで上演。
その後、東京・東急シアターオーブで上演される。

 
動画は記者会見の様子及び歌唱披露を収録したもの。約15分。

【SONG#1 “THE LONGER I LIVE”~ミュージカル「ドラキュラ」より】(約3分20秒)

【SONG#2 “THIS IS THE MOMENT”~ミュージカル「ジキル&ハイド」より】(約3分20秒)

【SONG#3 “GOLD”~”NEVER SAY GOODBYE】(約6分)
GOLD(英語1曲)~NEVER SAY GOODBYEの一部(日本語)

(写真撮影・文:長谷川美津子 動画撮影・編集:森脇孝/エントレ)

公式サイト Youtubeで観る

Facebookで共有  Twitterで共有  Google+で共有  


 

 


公演情報
「フランク・ワイルドホーン&フレンズ ジャパンツアー」

【出演】トーマス・ボルヒャート ジャッキー・バーンズ ダグラス・シルズ 和央ようか サブリナ・ヴェッカリン
Piano=フランク・ワイルドホーン
Bass=ジュリアン・ペダーソン
Woodwinds=ディヴィッド・マン
Drums=クリント・デ・ギャノン

2015年12月23日(水・祝)/大阪:梅田芸術劇場メインホール
2015年12月26日(土) 27日(日)/東京:東急シアターオーブ
S席 12,000円/ A席 6,000円


タグ

 


[ad#ad-1]


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事

 ≫エントレトップへ

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.