2015.3.13  16

紫吹淳・岡田浩暉出演「グッバイ・ガール」が8月に上演/マキノノゾミが手掛ける初のミュージカル作品


グッバイガール

 
紫吹淳と岡田浩暉が出演するミュージカル「グッバイ・ガール」が
8月に上演される。演出を手掛けるのはマキノノゾミ。
ミュージカル演出は本作が初めて。

本作は、1977年のニューヨークを舞台にした同名映画を
二ール・サイモンの脚本でミュージカル化したもの。
1993年にブロードウェイで初演された。
売れない役者と子持ちダンサーが恋に落ちるという、
ロマンチックラブコメディだ。

主役のシングルマザーには元宝塚トップスターの紫吹淳。
男を見る目がなく不器用で、娘からも心配されている憎めない女性・ポーラを演じる。
もう1人の主役には、舞台はもちろん、映画やドラマでも活躍する岡田浩暉。
男気がある変わり者という一癖ある男性・エリオットを演じる。 

 
紫吹淳 コメント

グッバイ・ガールの主演が決まり本当に嬉しく思います。
最近はバラエティー番組に出演させて頂く事も多くなっておりますが、
やはり私の原点は舞台!!
全身全霊、心を込め最高のパフォーマンスで
皆様に素敵な時間を過ごして頂けますよう頑張ります。

 
岡田浩暉 コメント

「ニール・サイモンのブロードウェイミュージカル。
なんとテンションの上がるフレーズなんでしょうか。
それを大のニール・サイモン好きのマキノノゾミさんの翻訳、演出。
そして気心知れた大好きな女優さん紫吹淳さんとの共演。
2015年の夏、 最高のミュージカルを国際フォーラムでお届けします。 」

 
マキノノゾミ コメント

「昔からニール・サイモンの作品が好きでした。
戯曲集なども繰り返し読んだものです。
念願叶って、 いよいよサイモン作品を演出できることとなりました。
しかも初めてのミュージカルです。 初心に帰って頑張ります。 」

 
本作は8月7日(金)から東京国際フォーラムC で上演される。

(文:森脇孝/エントレ)

公式サイト

Facebookで共有  Twitterで共有  Google+で共有  


 

 


公演情報
ミュージカル「グッバイ・ガール」

【脚本】ニール・サイモン
【音楽】マーヴィン・ハムリッシュ
【作詞】デヴィッド・ジッペル
【演出・上演台本】マキノノゾミ
【出演】紫吹淳 岡田浩暉 ほか

2015年8月7日(金)~23日(日)/東京国際フォーラムC
S席 11,000円/ A席 9,000円/ B席 7,000円/ 学生 5,000円


タグ

 


[ad#ad-1]


関連記事

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2020 Village Inc.