2015.3.6  26

市原隼人 5年ぶりの出演舞台「最後のサムライ」が上演中/キャストが舞台衣裳で記者会見


最後のサムライ

市原隼人が主演を務める舞台「最後のサムライ」が
3月4日(水)から上演されている。
市原隼人が舞台に出演するのは、
2010年のパルコプロデュース「カーディガン」以来5年ぶり。

 
幕末に実在した長岡藩の武士、河井継之助。
激動の日本をいち早く察知し、西洋文化を取り入れ、
画期的な改革を成し遂げながら、武士道を守り抜いた男の一生を描いた物語だ。

最後のサムライは まっすぐな男

最後のサムライ

主人公の河井継之助は、とてもまっすぐに長岡藩の事を考え、
民を戦乱から守るために日本中を奔走する。

舞台では市原隼人がその実直さを懸命に体現していた。

また、鹿殺しのオレノグラフィティ、柿喰う客の永島敬三、犬と串の藤尾勘太郎など、
小劇場ファンにはおなじみの俳優が出演。
随所でエッジの効いた演技を披露していることも見逃せない。
 

現在公演中の本作は天王洲・銀河劇場、3月15日まで上演される。

全員のコメントを収録! 記者会見動画

以下は記者会見の動画。
登壇者全員のコメントを収録したので14分とやや長いが、是非ご覧頂きたい。

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ)

公式サイト ぴあでチケットを購入icon Youtubeで観る  アンケート

Q1.この動画を見て、舞台を観に行きたいと思いましたか?


Q2. Q1で答えた理由を教えてください。またはエントレに対するご要望があれば教えてください。

Facebookで共有  Twitterで共有  Google+で共有  


 

 


公演情報
舞台「最後のサムライ」

【脚本】岡本貴也
【演出】イヴァン・キャブネット
【出演】市原隼人
徳山秀典 中村誠治郎 阿久津愼太郎 オレノグラフィティ(劇団鹿殺し) 猪野広樹・小林豊(BOYS AND MEN)(Wキャスト) 山内圭輔(Wキャスト)
岡本玲 /辻本耕志(フラミンゴ) 永島敬三 藤尾勘太郎(犬と串)/久ヶ沢徹/ ソニン
ホリユウキ(犬と串) 萩原達郎(犬と串) 板倉武志(犬と串) 木村まこ 松本優希

2015年3月4日(水)~3月15日(日)/東京:天王洲 銀河劇場
S席 8,500円 /A席 7,000円 他


タグ

 


[ad#ad-1]


関連記事

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2020 Village Inc.