2015.2.24  66

大竹しのぶ×三浦春馬 初共演!舞台「地獄のオルフェウス」5月に上演決定


地獄のオルフェウス

テネシー・ウィリアムズが1957年に発表した「地獄のオルフェウス」が
大竹しのぶ、三浦春馬の出演で上演されることが決定した。

 
主人公レイディ・トーランスを演じるのは大竹しのぶ。
演劇界を騒然とさせた『欲望という名の電車』ブランチ役の名演で、
テネシー・ウィリアムズ戯曲との相性の良さは実証済だ。

自由な魂の象徴である青年ヴァルには
若手実力派ナンバー1の呼び声も高い三浦春馬。

三浦はこれまで、地球ゴージャス「星の大地に降る涙」、「海盗セブン」、
劇団☆新感線「ZIPANG PUNK~五右衛門ロック3」の3つのミュージカル作品に出演。
見事な歌声と、キレのあるダンスで観客を魅了していたが、
ストレート・プレイとしては本作が初めてとなる。

演出を務めるのは英国人演出家のフィリップ・ブーン。
昨年ロンドンで上演した『TRUE WEST』が劇評各紙が四つ星評価を得るなど、
いま最も注目を集める新進気鋭の演出家だ。

呼び起こされる青春の痛みと情熱・・・、
新たな名作に出会えそうで、今から春が楽しみだ。

本作は5月7日(木)からシアターコクーンで上演。その後、大阪公演を予定している。

 
大竹しのぶのコメント
 
身も心も焼けつくようなテネシー・ウィリアムズの世界にまたいける喜びに溢れています。
初めての演出家のフィリップ・ブリーンさんが、
どんな風に私達をその世界に連れていってくれるのか、とても楽しみです。
また、初めての三浦春馬さんとの共演。先日少しお会いしたのですが、
何て純粋な方なのだろうと、一目で分かりました。春馬さんとフィリップさんと、
そしてみんなでテネシー・ウィリアムズととことん向き合い、
劇場を出る人達が「フゥー」と幸福のため息が漏れるよう、熱い舞台を作っていきたいと思います。 
 

三浦春馬のコメント
 
素晴らしい戯曲に挑戦させて頂けること、
大竹しのぶさんと共演させて頂けること、とても光栄に思います。
稽古中、一時も無駄にせず、実りのある時間を過ごすと共に、
役者として、しっかり勉強させて頂きます。作品を創り上げる一部として、
努力して行きたいです。

(文:森脇孝/エントレ)

公式サイト チケット情報

Facebookで共有  Twitterで共有  Google+で共有  


 

 


公演情報
舞台「地獄のオルフェウス」

【作】 テネシー・ウィリアムズ
【演出】フィリップ・ブーン
【翻訳】広田敦郎
【出 演】大竹しのぶ、三浦春馬 ほか

2015年5月7日(木)~31日(日)/東京:シアターコクーン
この後、大阪でも公演予定


関連情報
劇団☆新感線「ZIPANG PUNK(ジパングパンク)~五右衛門ロック3」DVD & Blu-ray
劇団☆新感線「ZIPANG PUNK~五右衛門ロック3」製作発表会見
大竹しのぶ主演舞台「ピアフ」囲み取材を動画で公開


タグ

 


[ad#ad-1]


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.