2014.10.6  1

ex-Piacere『第一章 らくだに乗ってどこまでも』/QSC3エントリー動画


エントリーNo. 084

ex-Piacere
第一章 らくだに乗ってどこまでも

活動拠点:神奈川県
テイスト:ドキドキする
撮影カメラ:不明

動画の感想をお書きください! 

 

※詳細はこちらをクリック

    お書き頂いた動画の感想は、一度エントレの担当者に送信され、
    エントレで集計後、作品の投稿者に転送いたします。
    投稿して頂いた感想はエントレもしくは作品の投稿者の判断で、一部または全部を公開する場合がありますので、
    個人を特定できる情報を記載しないでください。

    投稿者にとって感想を読むのは楽しく、つらく、とても今後の参考になるはずです。
    たくさんの感想をお待ちしております!

投稿者からの見どころ&コメント

この作品は、私たちex-Piacereにとっての終わりの物語であり、旅立ちの物語でもあります。
この作品から出発して、いつかまた戻ってくるのか、それとも予期せぬ方向へ進むのか。今後の活動にご期待ください。

動画作品情報

『RAKUDA‐卒業旅行における女子大生の行動について‐』

調査対象は卒業を間近に控えた女子大生3人とする。手順はラクダ氏による先行研究1)を参考に、駅のホームで待つ、ラクダが来る、卒業旅行に出発する、とした。
本研究においては女子大生を対象とするが、旅路は続くものであり、今後も同様の行動が起こると考えられる。

1)ラクダ:ラクダの魅力,ラクダ社,第一版,pp. 12‐15,2014.2.28

YouTubeページ:ex-Piacere『第一章 らくだに乗ってどこまでも』

次回公演の告知

ex-Piacereの次回作品は12月ごろに、こちらのyoutubeアカウントにアップする予定です。
また、ex-Piacereの前身、劇団ピアチェーレの公演が10月にあります。ぜひお越しください!
___________
Ito・M・Studio10年祭~伊藤正次追悼~

弓手研平+作戦会議+おででこ+劇団ピアチェーレ+?
「はじめて憲法を考えるときのように」

会場:Ito・M・Studio(代々木上原)

2014年10月11日(土)~12日(日)

出演者

弓手研平(洋画家、「日本国憲法の心を描く」全110作 作者)
樋浦勉
作戦会議、演劇実験ユニット おででこ、劇団ピアチェーレ
伊藤慶子 and more…

紹介

土と水。大地の実りと人間の営み。欲と幸せ。
私たちは手に入れたのか、手放したのか。
愛するものと死にゆくもの。創造と破壊。
人間の虚と実が、日本国憲法の心をえがいた絵画とパフォーマンスを
映し鏡にして浮かび上がる。
??果たして、いま、私たちのいる世界はどこにあるのだろうか。

人間存在の根源を問いかける
憲法の絵から生まれる言葉とパフォーマンス。
詳細:http://ito-m-studio.com/10nensai/program/hajimetekenpou.html

劇団のリンク情報

ライバル検索 詳細はこちら

お隣のエントリー動画

 « 


[ad#ad-1]

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.