2014.10.2

週刊パラドックス『会話劇2014』/QSC3エントリー動画


エントリーNo. 073

週刊パラドックス
会話劇2014

活動拠点:東京都
テイスト:ドキドキする
撮影カメラ:GZ-HM400-S

動画の感想をお書きください! 

 

※詳細はこちらをクリック

    お書き頂いた動画の感想は、一度エントレの担当者に送信され、
    エントレで集計後、作品の投稿者に転送いたします。
    投稿して頂いた感想はエントレもしくは作品の投稿者の判断で、一部または全部を公開する場合がありますので、
    個人を特定できる情報を記載しないでください。

    投稿者にとって感想を読むのは楽しく、つらく、とても今後の参考になるはずです。
    たくさんの感想をお待ちしております!

投稿者からの見どころ&コメント

『LINEこそ、現代の会話劇!』

最近は、人と直接会って話さず、LINEで話すことがとても増えています。
そのLINEのなかで人々は対立し、葛藤する。そこには今ならではの人間ドラマ・演劇性がある様に思います。
そこで、今らしい会話劇を作るならば、LINEの会話劇を作るべきなのではないかと考え、今作の構想に至りました。
『相手の見えない会話』LINEを表現すべく、今回はあえて役者の表情の一切を奪い、LINE画面と指に、演技を込めました。
書き込みの【間】や【選択】の演技に注目ください!

――グループのみんなの発言に対し、自分はどう立ち回るか
LINE上で繰り広げられる女子高生たちの攻防、新たな演劇の形(?)をお楽しみに!

動画作品情報

作・演出  中村允俊
音響・監修 薮田大貴
撮影設営  伊藤俊輝

明美    小川千尋
Nana    吹上由佳
金井亜美  日向彩菜
加藤舞   岡瑞樹
佐藤    鈴木球太
アキ    和地洸弥
まりこ   鈴木球太 
シュンスケ 薮田大貴

協力    中田朝美 小川浩之 北祐子 安藤裕貴 城築創 木村涼 田中穂先
 森智規

製作    週刊パラドックス

YouTubeページ:週刊パラドックス『会話劇2014』

次回公演の告知

11月より『週刊パラドックス』正式に旗揚げ致します!
その場所はなんとネット。
毎週木曜日、短編演劇を更新し続けるネット劇団が11月より始動致します!

是非、ご覧ください!!

劇団のリンク情報

劇団の正式旗揚げに向けて、サイト・ツイッター等鋭意制作中です。

twitterをお持ちの方は @weekly_paradox
youtubeチャンネルはhttps://www.youtube.com/channel/UCfZX1sjccDhN8wuU0AwXW8w
となっております。

当劇団の公演はすべてネット上で行いますので、
ぜひ上記アカウントをフォローの上、11月の正式オープンにご期待ください。

  

ライバル検索 詳細はこちら

お隣のエントリー動画

 « 

 » 


[ad#ad-1]

こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事

 ≫エントレトップへ

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.