2013.10.4

ハセガワアユム(MU)『欲望』/QSC2ノミネート動画


エントリーNo. 69 ★ノミネート作品★

ハセガワアユム(MU)
欲望

東京都

この動画を撮影したカメラ

OLYMPUS

PEN Lite E-PL5

みんなの評価

※この動画はいかがでしたか?

★をクリックしてこの動画を評価してください!

この評価を元に、オーディエンス賞を決定します!

現在の評価ランキング ベスト10


投稿者からの見どころ&コメント

「グラビアカメラマンのひとり芝居で、完全被写体の主眼オンリーの15分です。
きっと思わぬ展開に向かって行きますが(笑) 
以前執筆したひとり芝居を、QSCの”15分ノーカット”にインスパイアされて<主眼のコンセプト>にブラッシュアップしました。画角なども実は伏線になっております。どうぞよろしく御願いします。」(ハセガワアユム)

作品情報

脚本・演出:ハセガワアユム(MU)
出演:太田守信
協力:和田垣幸生、石澤知絵子、サクラスタジオ

YouTubeページ:欲望
王子小劇場賞:エントリーしない

次回公演の告知

ワーサルシアター企画公演 リーディング公演 みきかせプロジェクト『青天井ポップコーン』

8月に上演し好評を博した朗読劇『想像』を引っさげて客演致します。
八幡山ワーサルシアター
出演劇団:ゲンパビ、バジリコFバジオ、MU、楽園王+オクムラ宅

2013/11/13(水)~11/17(日)

劇団のリンク情報

[ad#ad-1]

 ≫広告掲載のご案内

Tag (キーワード)

この記事を書いたのは


4 Comments

  • 森脇孝 より:

    被写体がどんな子なのかなと想像しながら観る事ができました。

  • 園田喬し より:

    ハセガワさんの手癖を随所に感じる作品で、ちょっとニヤニヤしながら観ちゃいました。1人芝居は観客のフォーカスが一箇所に集中しがちですが、相当細かいところまで計算して演出している(であろう)点が、これまたハセガワさんらしいなぁと思ったり。

  • 森脇さん、園田さん、コメントありがとうございます。

    被写体の女の子や、視点などが、あ〜そういう展開になるのね、って繋がって楽しんでもらえたらと想定してたので嬉しいです。そこら辺がご指摘通りMUっぽいです。笑

    あと完全なひとり芝居一発撮りなので、太田守信くんが3時間で4ステ分の演技して撮ってるんですが(笑) テンションあがりすぎてOKテイクが実は台詞抜けてて(4ステもやれば・・・汗)後日撮り直すなどアクシデントもあったりだったので、大変励みになります。ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事と次の記事

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2017 Village Inc.