2013.9.24  1

劇団茶番主義!「不幸の星」/予告編動画が公開


2013年9月28日(土)から上演される劇団茶番主義!「不幸の星」の
予告編動画が公開されました。

 
劇団茶番主義!(チャバニズム)は
2011年夏にメディア理論を学ぶ横浜国立大学の学生と
美術を実践的に学ぶ武蔵野美術大学の学生とが集まり立ち上げた劇団。

これまでに2本の公演と2本の番外公演を行って来ていて
今回の「不幸の星」は3本目とのこと。

そしてこちらが「不幸の星」の予告編動画です。


映像提供:劇団茶番主義!
YouTubeページ:劇団茶番主義第3回公演「不幸の星」PV

なんともアーティスティックな雰囲気ですね。
「不幸の星」特設サイトでは、チラシ撮影のメイキング映像もあり、
力を入れて作っている事が伝わってきます。

詳しくは劇団茶番主義! 公式サイトをご覧ください。

 他のPR動画を見る

[ad#sns-1]

 

story

人は皆、自分の運命―星―を背負って生まれてくる。
スポーツ選手の星、芸術家の星、パン屋の星、サラリーマンの星・・・。
そして、不幸の星。

松本環は、生まれつき運がない男。
顔はそこそこ良いものの、徒競走ならゴール直前で転んでブービー賞、一本道で車にハネられ、職場は必ず火事になる。
彼の人生はいつもそんなかんじ。肝心要で不運が起こる。
しかしそんなツキの無さにもめげず、環は幸福になろうと抗い続ける。
そんな中出会った三人の女。鞠子・真琴・奈津。
一癖も二癖もある彼女たちに翻弄されて、環の運命はあらぬところへ転がり始めていく・・・。

company
2011年夏、メディア理論を学ぶ横浜国立大学の学生と
美術を実践的に学ぶ武蔵野美術大学の学生とが集まり立ち上げた。

それぞれのやりたいことと専門分野をもちより、「表現のプラットフォーム」を目指している。

映像、ファッション、デザインなど、
茶番内外の活動によってメンバーの興味が広がると
それに合わせて茶番主義!も変化してきた。

毎年夏が近くなると、
主宰・山科有於良の脚本のもと、やりたいことを両腕に抱えてメンバーが集まってくる。

演劇という枠にとらわれず、いかに「いいもの」を作っていくか。

stage_info

劇団茶番主義!「不幸の星」

劇団茶番主義!「不幸の星」

脚本 山科 有於良
演出 山田 諒子

CAST
渡邉 正臣、武田 果林、川原 茜、山田 諒子、小波 一平、田山 夏輝、山科 有於良

劇団茶番主義! 公式サイト
 

[ad#ad-1]

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.