2013.7.3  8

マイ・ロマンティック・ヒストリー製作発表/栗山民也 池内博之 中越典子が登壇


2013年8月16日(金)から東京・日比谷シアタークリエで上演される
舞台「マイ・ロマンティック・ヒストリー ~カレの事情とカノジョの都合~」の製作発表会見が行われ、
演出を務める栗山民也さん、出演者の池内博之さん、中越典子さんらが登壇されました。

 
舞台「マイ・ロマンティック・ヒストリー」は、
誰もが思い当たる30代の不器用な恋愛模様を描いた作品。
運命の相手を探し求める、ある男女のすれ違いと葛藤、そして微かな希望・・・。
《ロマンティック》とタイトルにはありますが、
男女それぞれの赤裸々な本音で綴られる《アンチ・ロマンティック・コメディ》だそうです。

製作発表では演出の栗山民也さん、
出演者の池内博之さん、中越典子さんが登壇し、
ストーリーについて、また意気込みについて語られました。

こちらの様子を動画でご覧ください。


映像撮影&編集:エントレ
YouTubeページ:舞台「マイ・ロマンティック・ヒストリー」製作発表/栗山民也 池内博之 中越典子が登壇
エントレの動画をブログに埋め込む方法

>アンケートにご協力ください!

この動画を見て、舞台を観に行きたいと思いましたか?
良ければ、Twitterでご意見下さい!


Q1.この動画を見て、舞台を観に行きたいと思いましたか?


Q2. Q1で答えた理由を教えてください。またはエントレに対するご要望があれば教えてください。

スコットランドで書かれた話でありながら、
我々日本人に非常に身近な作品になりそうです。
栗山さんをして最後まで一気に読めたと言わしめた戯曲に期待が高まります。

そして池内博之さんといえば、劇団☆新感線『髑髏城の七人~アオドクロ』で
無界屋蘭兵衛を演じられていて
情熱的でかっこいいイメージが強いですが、
今回はダメ男を演じられるという事で、そのギャップが楽しみです。

また、19人の登場人物を加藤忍さん、土屋裕一さん、春風ひとみさんが
次々に演じ分けて行くというのも面白そうですね。

詳しい情報は、舞台「マイ・ロマンティック・ヒストリー」公式サイトをご確認ください。

関連情報
MY ROMANTIC HISTORY 公式サイト
チケットぴあ「マイ・ロマンティック・ヒストリー」icon
マイ・ロマンティック・ヒストリー – シアターガイド
池内博之の殺陣が豪快で華麗 – 劇団☆新感線『髑髏城の七人~アオドクロ』DVD

 他の製作発表を動画で見る

[ad#sns-1]

story

ともに30代独身、恋人なしのトムとエイミィ。
これといって取り柄がなく、曖昧で臆病で卑怯なトム。
適齢期を過ぎて、周囲からの結婚にプレッシャーにウンザリしているエイミィ。
同じ職場の二人は、同僚たちとの飲み会からの流れで一夜を過ごす。
ふとした縁で付き合うことになった2人だが、いまいち本気になれない。
その理由は、お互いに過去の恋人が忘れられないから。
恋愛履歴のページを溯っては、目の前にある現実に悶々とする2人は
やがて、その膠着状態を破らざるを得ない事態に直面する――――
エイミィが妊娠してしまったのだ―――――。

ホンネとタテマエの駆け引きで描く、いびつで不器用な愛の形と2人の ”恋愛履歴”。
誰もが思い当たる、決してキレイゴトだけではない、赤裸々な恋愛事情――――
果たして二人は、どんな決断を下すのか?

 

stage_info

池内博之 中越典子 舞台「MY ROMANTIC HISTORY」

舞台「マイ・ロマンティック・ヒストリー ~カレの事情とカノジョの都合~」

【作】D.C.ジャクソン 【翻訳】小田島恒志
【演出】栗山民也 

【出演】
池内博之 中越典子 加藤忍 土屋裕一 春風ひとみ

>名前をクリックすると演劇DVDの検索結果へリンクします。(Powered by イーオシバイ

【公演日程】
2013年8月16日(金)~26日(月) 東京:シアタークリエ

詳しい情報は、舞台「マイ・ロマンティック・ヒストリー」公式サイトをご確認ください。

[ad#ad-1]


 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.