2013.5.24  47

ミュージカル「天翔ける風に」/朝海ひかる 石井一孝らが稽古場で歌唱披露


2013年6月10日(月)から上演されるミュージカル「天翔ける風に」の公開稽古が行われ、
朝海ひかるさん、石井一孝さんらにより劇中のシーンが演じられました。

ミュージカル「天翔ける風に」は、
野田秀樹さんの戯曲「贋作・罪と罰」を
謝珠栄さんがミュージカル作品に仕立てたもの。

2001年に元宝塚トップスターの香寿たつきさん主演で初演され、
その後も2003年、2009年と再演が繰り返されてきた傑作です。

そして今回は、同じく元宝塚トップスターの
朝海ひかるさんが主役を受け継ぎ、
新たな「天翔ける風に」として生まれ変わります。

 
今回の公開稽古では、朝海ひかるさんや石井一孝さんの歌唱シーンはもちろんのこと、
民衆が「ええじゃないか」と叫びながら踊るシーンや、
激しい立ち回りのシーンなど、幕末の混沌とした空気が感じられる場面が公開されました。

こちらの様子を動画で収録してきましたので、ご覧ください。


映像撮影&編集:エントレ
YouTubeページ:ミュージカル「天翔ける風に」/朝海ひかる 石井一孝らが稽古場で歌唱披露
エントレの動画をブログに埋め込む方法

>アンケートにご協力ください!

この動画を見て、舞台を観に行きたいと思いましたか?
良ければ、Twitterでご意見下さい!


Q1.この動画を見て、舞台を観に行きたいと思いましたか?


Q2. Q1で答えた理由を教えてください。またはエントレに対するご要望があれば教えてください。

踊りや殺陣のシーンでは、
形が美しいだけではない、力強い迫力が感じられました。

上演は梅雨の時期ですが、
謝さんも「熱い芝居になる」とおっしゃっていたように、
真夏を先取りする公演になりそうです。

詳しくはミュージカル「天翔ける風に」公式サイトをご確認ください。

関連情報
チケットぴあ「天翔ける風に」icon
TSミュージカル:天翔ける風に【前回公演ダイジェスト】-Youtube
朝海ひかる・石井一孝 『天翔ける風に』インタビュー-演劇キック
TSミュージカルファンデーション
野田地図
ミュージカル「トゥモロー・モーニング」/公開稽古で劇中曲3曲を披露

 他の公開稽古を動画で見る

[ad#sns-1]

story

三条 英(はなぶさ)(朝海ひかる)は、
優れた頭脳と剣の腕を持ち、女ながらに江戸開成所の塾生として学んでいた。

新たな時代の到来に混乱を極める幕末の世に、
変革を求めて思いつめた英は、金貸しの老婆殺害を実行に移し、
偶然そこに居合わせた老婆の妹までも手にかけてしまう。

この予定外の殺人が「一人の悪人を殺し、万の善人を救う」という自身の思想を揺さぶり、
彼女の心に深い影を落とす。

事件の捜査を進める担当刑事・都 司之助(浜畑賢吉)は、
英に次第に疑惑の目を向け始めるが、
英もまた彼の仕掛ける執拗な心理作戦と闘う。

英の親友・ 才谷梅太郎(石井一孝)は、
罪の意識に苛まれる英の異変に気付きその身を案じるが、
彼もまた、より大きな歴史的事件の渦中にいるのだった。

1867年、夏。
「ええじゃないか」踊りに埋め尽くされた江戸では、
民衆の不満と変革を求めるエネルギーが爆発していた。

英の父・ 甘井聞太左衛門(岸 祐二)や母・清(伊東弘美)、
溜水石右衛門(吉野圭吾)との意に沿わぬ結婚に悩む妹・智(彩乃かなみ)たち三条家の人々も
それぞれの苦悩を抱えていた・・・。

時代の終焉に向けて、混沌と化した世で、自らの理想を求めて戦いを挑む人々の行方は・・・。

 

stage_info

ミュージカル「天翔ける風に」

ミュージカル「天翔ける風に」

原作:ドストエフスキー
脚色:野田秀樹「贋作・罪と罰」より
演出・振付:謝 珠栄
ミュージカル台本:TS
音楽:玉麻尚一

出演
朝海ひかる、石井一孝、浜畑賢吉、彩乃かなみ、伊東弘美、岸 祐二、吉野圭吾
青山航士、笠嶋俊秀、加藤貴彦、千田真司、俵 和也、照井裕隆、平野 亙、福永吉洋、吉田朋弘、渡辺大輔(50音順)

>名前をクリックすると演劇DVDの検索結果へリンクします。(Powered by イーオシバイ

【公演日程】
2013年6月10日(月)~25日(火) 東京:シアタークリエ
2013年6月29日(土)~30日(日) 大阪:シアター・ドラマシティ

詳しくはミュージカル「天翔ける風に」公式サイトをご確認ください。

[ad#ad-1]


関連記事

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2020 Village Inc.