2013.3.7  12

オーストラ・マコンドー「素晴らしき哉、人生!」/キャストインタビュー&予告編動画が公開


2013年3月14日(木)から吉祥寺シアターで上演される
オーストラ・マコンドーの舞台「素晴らしき哉、人生!」の
キャストインタビューをベースにした予告編動画が公開されました。


映像提供:オーストラ・マコンドー
YouTubeページ:舞台『素晴らしき哉、人生!』キャストインタビュー&予告編

本作はアメリカ映画の名作、フランク・キャプラ監督の
「素晴らしき哉、人生!」を舞台化したもの。

本作の主人公、ジョージを演ずるのは舞台初主演の仁科貴さん。
昭和を代表する名バイプレーヤー・川谷拓三さんの長男であり、
北野武監督、深作健太監督の作品等、映画を中心に活躍する俳優さんです。
◆関連記事/川谷拓三さん長男・仁科貴、舞台初主演「僕でいいのか半信半疑」(スポーツ報知)

共演に佐藤寛子さん、中川安奈さん、深貝大輔さん、
太田彩乃さん、そして天井桟敷の若松武史さんなど
実力ある俳優陣と、小劇場を中心に活躍する若手俳優達が
映画・演劇の枠を飛び越え集結し、不朽の名作の舞台化に華を添えます。

 

動画で語られているキャストの意気込みからは、
原作を大事にしながらも、映画とはまた違った
舞台ならではの作品にしたいという思いが感じられますね。

脚色協力は、こゆび侍の成島秀和さん、
歌あり、ダンスありというのも魅力的です。

公演の詳細はオーストラ・マコンドー公式サイトをご覧ください。

演劇DVDを出演者名から検索(Powered by イーオシバイ
若松武史

>この記事は情報募集フォームからの投稿を元に作成しました。

story

自分の夢を追いながらも父親の急死に伴い、家業の建築貸付組合(B&L)を継いで
田舎の小さな町で過ごさざるを得なくなっていたジョージ・ベイリー(仁科貴)は、
町一番の富豪である銀行家ポッターの圧力に負けず、真面目に働いていた。

家庭にも恵まれて、事業も好転しつつあったが、そんな彼に不運な出来事が起こる。

そして、クリスマスの晩に自殺を図ろうとした彼に、
翼をまだ持っていない二級天使のクラレンス(若松武史)が
翼を得るために彼を助ける使命を受け、現れた。

天使は「生まれて来なければよかった」と言う彼のため、
特別に彼が生まれて来なかった場合の世の中を見せる。

そして彼がいかに素晴らしい人生を送ってきたかを理解させようとする。

stage_info

オーストラ・マコンドー舞台「素晴らしき哉、人生!」

オーストラ・マコンドー「素晴らしき哉、人生!」

【原作】フランク・キャプラ(映画『素晴らしき哉、人生!』)
【脚色協力】成島秀和、セリザワケイコ
【演出】倉本朋幸

【出演】
仁科貴、佐藤寛子
中川安奈、深貝大輔、康喜弼、太田彩乃
後藤剛範、NIWA、松永大輔、島岡亮丞、永島敬三
海野デカ、照井健仁、日高ボブ美、安川まり、土屋咲登子、芝博文
斉藤麻衣子、宮崎雄真、久保田南美、小林涼太、平木勇輔
カトウシンスケ / 若松武史 他

【公演日程】
2013年3月14日(木)~20日(水・祝)/吉祥寺シアター

オーストラ・マコンドー公式サイト

[ad#ad-1]


こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.