2013.2.20  6

本編映像を使った迫力の予告編が公開/劇団鹿殺し「BONE SONGS」


2013年2月15日(金)から東京芸術劇場シアターイーストで上演中の
劇団鹿殺し「BONE SONGS」。

こちらの本編映像を作った予告編動画が公開されています。


映像提供:劇団鹿殺し
YouTubeページ:劇団鹿殺し音楽劇「BONE SONGS」舞台予告編

本作「BONE SONGS」は2009年に劇団鹿殺しが上演した
「赤とうがらし帝国」をセルフリメイクした作品。

一人の女性の波乱万丈な人生と
彼女の人生の骨を作り上げた5人の男の人生が
鹿殺し独特の音楽と肉体で語られます。

東京は3月3日(日)まで、
その後、大阪、福岡と公演されます。

2009年の「赤とうがらし帝国」が非常にエネルギーのあふれる作品だったので、
今回も期待が高まります。

劇団鹿殺し「BONE SONGS」日程/チケット

★そして、例えば「BONE SONGS」のチケットの半券を持っていると、
 柿喰う客、ヨーロッパ企画、ナイロン100℃などのチケットが
 割引きになる「半券割」というサービスも展開中とのこと。面白い企画ですね。
 「半券割」公式サイト

story

不死身の女の一生を歌い上げた「伝説の音楽劇」が、
トランペットの音色と共に帰ってくる!
劇場のみならず、路上、ライブハウス、野外フェスと
様々な場所で発表してきた劇団鹿殺しの「音楽」。
その最高到達点となるのが今作、音楽劇「BONE SONGS」です。
ただいま上演中&チケット絶賛発売中!

company
演出の菜月チョビ、作の丸尾丸一郎で関西で旗揚げ。2005年東京進出。
ライブハウスでの全国ツアーや
都内各地での路上パフォーマンスなど劇団公演に留まらず活動の幅を広げる。
劇場公演では「老若男女の心をガツンと殴ってギュッと抱きしめる」
ロックな中にも土臭さ、人間のかわいらしさを表現する作風。
オリジナル楽曲での派手な演出と、丸尾の描く個人的でナイーブな世界観が融合する作品作りを展開。

stage_info

劇団鹿殺し「BONE SONGS」

作:丸尾丸一郎 演出:菜月チョビ 音楽:入交星士/オレノグラフィティ
出演:
菜月チョビ/丸尾丸一郎/オレノグラフィティ/山岸門人/橘輝/傳田うに/円山チカ/坂本けこ美/山口加菜/水野伽奈子/鷺沼恵美子/浅野康之/峰ゆとり/近藤茶(以上、劇団鹿殺し)
姜暢雄/森貞文則/谷山知宏(花組芝居)/松村武(カムカムミニキーナ)

公演期間:
2013年2月15日(金)~3月3日(日)/東京芸術劇場 シアターイースト(小ホール1)
3月15日(金)~18日(木)/大阪ABCホール
3月22日(金)~24日(日)/福岡西鉄ホール

詳しくは劇団鹿殺し 公式サイトをご覧ください。

劇団鹿殺し 公式サイト
   

[ad#ad-1]

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.