2012.10.15  1

いるか工業『ロケット開発のはじまり』/QSCエントリー動画


エントリーNo. 27

いるか工業
ロケット開発のはじまり

東京都

投稿者からの見どころ&コメント

「宇宙ロケットを開発する」
という社長の鶴の一声に翻弄されながらも強く生きていく、
中小企業「入鹿工業」の人々を即興演劇で描きます。

【いるか工業の特徴】
動画内での芝居は全て即興で行われています。その為に以下の3点を出演者間で共有しました。

1 最低限のルールを決める(いるか工業のバックグラウンド、板付きの人、初めに話す人、終わり方など)
2 個人の役割を把握する(自身の発想により定めた役を演じる。生い立ちなどは家で考える)
3 全体の呼吸を合わて、即興で舞台を創る。(話は継続させる)

という事をやっています。
演出家や脚本家が存在しない分、役者各々が普段から芝居について考える機会が増えました。
また、実際に創っている時のドキドキ感はちょっと他にないです。

【コンセプト】
JAZZやFUSION等ミュージシャンのライブパフォーマンスを原型に、
お金も時間も掛かる舞台作品をもっとフットワーク軽く創れないか?と考えた結果、このような形が生まれました。
スマホやタブレットが普及し始めた今、既に存在する舞台作品を縮小するのではなく、
もともとコンパクトなものを創ればいいのではないか?と考え、活動しています。

作品情報

【出演】
寺師耕介/ 小出祐司
記者 ミツルギ/西尾典晃
鰯剛也/西尾典晃
山崎/おこのぎふみこ

iPhone4で撮影

Youtubeページ:いるか工業 「ロケット開発のはじまり」

 

劇団のリンク情報

[ad#ad-1]

 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.