2012.3.13  4

劇団むさしの座「東京原発」無料公開!


東京・武蔵村山市で活動を続けている劇団、
劇団むさしの座「東京原発」本編が無料で公開されています!


映像提供:劇団むさしの座
YouTubeページ:「東京原発」 劇団むさしの座

 

東京に原発を誘致するというところから始まる物語。
今となってはフィクションというだけでは済まされない、
重要なテーマのお芝居ですね。

舞台動画配信サイトボタン
 無料の舞台動画ボタンYouTube/「東京原発」 劇団むさしの座

story
「東京に原発を誘致する?!」

突如飛び出した都知事の爆弾発言に都庁はパニックに陥った。
都政始まって以来の緊急事態発生に、
推進派、反対派それぞれのもっともらしい意見が入り乱れて会議室は戦場と化す。

一方、お台場にはフランスから海路極秘裏に運ばれてきた
大量のプルトニウム燃料が到着していた。
政府は反対派の抗議運動を避け、そのプルトニウムをトラックに乗せ換え、
一般道路で福井県の原発へ運ぼうとしていたのだ。

急遽、原発の安全性を説明するために都知事に呼び出された原子力安全委員の男は、
あろうことか、そのトラックに便乗し、過労で寝不足のドライバーに都庁へと急がせる。
トラックにもしものことがあれば、
東京だけでなく日本全土が広く被曝する未曽有の大惨事になることは明らかだ。

議論が白熱する中、
強引に原発誘致を推し進めようとするカリスマ都知事の真の狙いが明らかになる・・・。

company
1976(昭和51)年に故・広石幸弘を中心に、
武蔵村山市商工会青年部を母体とした「むさしの一座」の名を掲げて出発。
以来、のちに「劇団むさしの座」と名を改め、
当時演劇にふれる機会の少ない武蔵村山市の子供たちに、
お芝居の楽しさを少しでも伝えたい…という願いがきっかけで活動を開始。

現在では、武蔵村山市民会館を中心に公演活動を続けている。

stage_info

劇団むさしの座「東京原発」

脚本・演出:広石一人
出演:中崎麻寿、酒井浩伸、武藤恭章、米野太一、見延武子、大橋なおみ、澤野和子、石井こずえ、宍戸延子、木下裕美、乙幡麻紀、太田なお子
公演期間:2011年11月12日(土)~13日(日)
公演場所:東京・武蔵村山市民会館小ホール

収録時間:1時間31分11秒
撮影:髙橋 光

劇団「むさしの座」公式サイト

 ≫広告掲載のご案内
こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2019 Village Inc.
『関西演劇祭』