2012.3.2  10

劇団鹿殺し「電車は血で走る」ダウンロード販売中(無料ダイジェスト映像あり)


関西出身、現在は東京で活躍を続ける劇団鹿殺しの公演
「電車は血で走る」がDMM.comでダウンロード販売されています。

2008年の第一回演劇村フェスティバル参加作品で、
2010年には池袋芸術劇場で再演された、劇団鹿殺しの代表作とも言われている作品です。

こちらはダイジェスト映像です。



撮影:TRICKSTER FILM
映像提供:劇団鹿殺し

ダイジェスト映像にも登場しますが「鹿殺し」は劇中歌がとても特徴的。
演出家で俳優の菜月チョビさんが歌うシーンは、どこかノスタルジックな雰囲気が漂ってきます。
全編関西弁でボケツッコミが豊富にあるので、笑い続けられる作品でもあり、
それでいて切ない部分が用意されています。
また、青山円形劇場の円形舞台を電車の線路に見立てているところも巧みです。
若手の小劇場の中で注目されるのもうなずけます。

舞台動画配信サイトボタン
 舞台動画のダウンロードサイトDMM.com/「電車は血で走る」
 無料の舞台動画ボタン演劇村フェスティバル/「電車は血で走る」ダイジェスト

story
舞台は大阪、豊中市。
ヒロは幼なじみの鹿野たけしと共に鹿野工務店で働きながら
仕事仲間と歌劇団を結成、自作のロック歌劇を上演している。
素人歌劇団にはもちろん客などいない。
それでもいつか世間に認められることを夢見て活動を続けている。
ある日、不慮の事故により工務店の社長が急死し、状況は一変。
当たり前のように舞台ができなくなったヒロたちの前に現れたのは、子供の頃の友人・鉄彦。
電車が大好きだったこの少女は、なぜか20年前と同じ姿であった。
鉄彦の出現により、ヒロとたけしを取り囲む環境は、当たり前の日常から大きく変わり始める──

自分の理想と才能の限界、現実の厳しさの中で立ち尽くす主人公たちに、
かつての自分の分身でもある鉄彦がまっすぐな力を与えてくれる。

劇団鹿殺しの半ドキュメンタリーともいえる劇団の夢を追う人々の姿に、
阪急電車で過去実際に起こった事故とノスタルジックかつ奇天烈なエピソードが絡みあう。

company
演出の菜月チョビ、作の丸尾丸一郎で関西で旗揚げ。2005年東京進出。
ライブハウスでの全国ツアーや
都内各地での路上パフォーマンスなど劇団公演に留まらず活動の幅を広げる。
劇場公演では「老若男女の心をガツンと殴ってギュッと抱きしめる」
ロックな中にも土臭さ、人間のかわいらしさを表現する作風。
オリジナル楽曲での派手な演出と、丸尾の描く個人的でナイーブな世界観が融合する作品作りを展開。

stage_info

劇団鹿殺し「電車は血で走る」

作:丸尾丸一郎
演出:菜月チョビ
出演者:オレノグラフィティ 菜月チョビ 丸尾丸一郎 山岸門人 円山チカ 木村知貴 谷山知宏 山本章平 傳田うに 山口加菜 緑川陽介 神保良介 坂本けこ美 今奈良孝行 橘輝 高橋戦車 菅野家獏 木村和彦
上演:2008年10月29日(水)~11月3日(月・祝)
劇場:東京・青山円形劇場

宣伝写真:江森康之

収録時間:1時間56分
撮影:TRICKSTER FILM

劇団鹿殺し 公式サイト

こちらの記事も合わせてどうぞ!

最近の記事


 ≫もっと見る
 

編集部ピックアップ!

エントレがおすすめする他の舞台



Copyright 2018 Village Inc.